鶴見区で新築一戸建ての購入に役立つ業者ランキング

大成有楽不動産販売鶴見センター

特徴

大成有楽不動産販売株式会社は1986年に設立され、不動産売買仲介・買取事業、不動産賃貸仲介・管理事業、戸建分譲事業、新築販売(販売代理)事業、リフォーム・リノベーション事業、コンサルティング事業、保険代理事業(損害保険)の事業を担っています。不動産に関することであればなんでも受け付けてもらえます。 首都圏と関西圏に数多く営業所を展開しており、大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターはJR鶴見駅より徒歩3分に位置しています。大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターは毎週火・水曜日を除く10時~17時まで営業しています。鶴見周辺のほかにも首都圏の不動産に関することでも専用のスタッフが対応可能です。


クチコミ

  1. 鶴見区で一軒家を購入したかったのですが、なかなか時間がとれずにいました、そんなある日に仕事帰りに駅から近かったこちらの不動産会社に営業時間ぎりぎり飛び込んでしまいました。時間がぎりぎりだったため出直そうかと思ったのですが、嫌な顔一つせずに対応していただき、とても好印象でした。物件も素晴らしかったので、そのままお任せしました、結果、大変満足しております。
  2. 先々月に鶴見区に引っ越してきました。その際にお世話になったのがこちらの不動産会社です。知識が豊富な男性のスタッフさんに頼りっきりで、何もわからないかった私でも、大変満足できる物件を見つけることができました。また引っ越し会社まで紹介していただき、仕事が忙しかった時期だったのにも関わらず、スムーズに引っ越しすることができました、本当にありがとうございました。
  3. 中古マンションの購入を検討したくて、自宅から近い大成有楽不動産販売鶴見センターを訪れました。鶴見区内で他の不動産会社にも行ってみましたが、こちらの対応が一番親切だったように思います。当然こちらで購入しましたが、アフターケアまでバッチリです。

税金・法律等に強いスタッフがいるので安心

大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターは、鶴見駅から徒歩3分に立地しています。そのため都心へのアクセスも容易でバスなどの交通手段も豊富です。商業施設も多数併設されていますので、学生社会人問わず幅広い年齢層の居住地として人気のエリアに特化した対応が期待できます。

大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターのスタッフは年齢層が20代から40代と幅広いため、ジェネレーションギャップを気にすることなく硬くならずに相談ができます。また鶴見周辺エリアのみならず、神奈川県をはじめとした、首都圏エリアの不動産に関することを気軽に問い合わせることも可能。不動産関連のみならず、各種税金や法律にも精通した熟練のスタッフが在籍していることが強みだといえます。

営業時間的に平日の相談は難しい

大成有楽不動産販売株式会社は営業センターを数多く展開しているため、対応幅も広く、一見弱点がないように思えますが、大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターのココが惜しいところをご紹介します。営業時間が10時~17時のため、社会人は退勤後に相談に行くのが事実上難しいので土日には問い合わせの殺到が予想されます。また平日火曜日水曜日が定休日のため、平日休みの病院勤めの人などは休日を合わせるのが難しいのが難点です。幅広い年齢層の営業スタッフがいるものの、男性スタッフ5人のため、諸事情で女性スタッフを希望する場合は難しい可能性があります。

しかし大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターは事前に連絡をすれば、メールなどで臨機応変に対応できるそうです。キッズスペースも用意しているので、小さなお子様連れも物件探しに集中できますし、安心ですね。

大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターの総評

大成有楽不動産販売株式会社は首都圏と関西圏は営業センターが幅広く展開しているため、対応エリアがかなり充実しています。鶴見センターではスタッフは年齢層が20代から40代と幅広いためニーズに合ったスタッフを選択できるのもありがたいですね。しかしながら、最寄りが大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターであっても、ご希望の物件が営業センターのエリア外だと、ほかの営業センターに対応をバトンタッチされる可能性も0ではありません。ですので、事前の相談が重要です。日頃お仕事で忙しく電話での相談や応答が難しい方でも、事前の連絡があればメールで対応も可能だそうです。

さらに、大成有楽不動産販売株式会社 鶴見センターへ一度お問い合わせいただいた方には「プラスアルファ」の情報とともにご返答することをモットーにしているようなので、立地の良さからも、得られる情報量に期待が持てます。「買いたい、売りたい、リフォームしたい、貸したい」すべての人に対応可能ですので気になるかたは一度お問合せしてみてはいかがでしょうか。