新築一戸建てを購入するまでの流れ

戸建て購入

新築の一戸建ては人生の中で1、2を争うほどの大きな買いです。よほどのお金持ちでなければ2件3件と買うことは難しいでしょう。なので、なおさら慎重に検討しなければなりません。今回は新築の一戸建てを購入する流れについて紹介します。

一戸建てにはいくつかタイプがあり、それぞれメリットがあります。それらを知って自分に合うタイプの一戸建てを選びましょう。

一戸建て住宅のタイプはどんなものがる?

一戸建て住宅には大きく分けて3つあります。建売住宅と注文住宅、そして建築条件付き土地です。

建売住宅は土地と建物が一緒に販売されています。間取りやデザインは決められていますので、一から考える手間の省ける住宅です。工務店やハウスメーカーなどで取り扱われています。注文住宅は土地と別に購入し、自由なデザインを組み立てられます。建設会社も自由に選べますので、信頼できるところに依頼しましょう。ハウスメーカーや設計事務所に相談して施工します。建築条件付き土地ついてなのですが、聞き慣れない人も多いでしょう。

これは、売主が建築会社を指定する、ということが条件です。この条件であれば土地を売ってくれる特殊な住宅です。良い点は土地の価格が安くなることと、段取りがスムーズに進むことです。懸念材料は買主の好きなデザインできない可能性があることです。

新築一戸建ての魅力とは?

新築一戸建ての魅力は、新しいので見た目が良いのは当たり前です。長い間住む空間なので、内装も綺麗であることと、最新の機能が備わっていることも魅力の一つです。外観だけではなく、内装も満足できるのが新築の醍醐味といえるでしょう。見た目だけではなく、経済的にも大きなメリットがあり、修繕費などの維持費がしばらくの間かからないことです。中古物件は劣化などで修繕しなければならない場合が多く、費用も大きくかかります。初期投資はともかく長い目で見ると新築のメリットが大きいことが分かります。

建物の課題として耐震性が問題視されており、日本は地震大国です。近年、耐震性に難のある物件が数々発覚されていますが、新築物件はそれを考慮していますので安全です。命に関わる問題なので、地震の影響を受けにくい新築をおすすめします。

新築一戸建てのデメリット

新築の分かりやすいデメリットは価格の高さです。中古物件に比べると明らかな差があります。平成28年に行われた国土交通省による住宅市場動向調査で、分譲戸建て住宅の購入資金は平均3810万円です。比べて中古物件は2693万円と1000万円以上の差があります。

しかし、価格に見合う物件なら納得できると思うので、人それぞれの意見があるでしょう。価格以外に立地のデメリットがあります。新たに土地を購入する場合、立地の良い土地には既に建物があり、仕方なく郊外に建てなければならない場合が多いです。ニュータウンなどに空き地があったとしても高額であることが殆どです。

さらに、新築は建ててからでないと日当たりや住み心地の確認ができないため、周辺の環境を鑑みても仮説や想像で設計することになってしまいます。

まとめ

一戸建ては様々な選択肢の中から選ぶことができます。メリットとデメリットを考慮して、自分に合った新築を建てるとよいでしょう。新築の一戸建て住宅は魅力も多く、長い目でみるとメリットの多い物件です。今回紹介した記事を参考にすれば、価格以外はデメリットをほぼ回避することができると思います。

近年、特に耐震性は問題視されていますので、対策がなされている新築物件の購入をおすすめしたいです。