広い収納でLDKが大きく使える一戸建て住宅

収納家具を置くよりも、壁の内側に収納スペースをとった方が、広い生活スペースが確保できます。最近では、押入れやクローゼットに物を入れると結局どこに何があるのか分からなり、同じものを何個も買うことになるので、あえて物を仕舞わずに、壁に棚を作って見せる収納という考えが増えてきています。一戸建て住宅における収納について考えて見ました。狭い部屋でも広く見せる収納方法を検証します。

玄関収納はどのくらいスペースをとるべき?

玄関に必要な収納は、靴を入れるスペースです。いくら広い玄関でも、家族全員の靴が出しっぱなしになっていては、狭くなりますし、見た目もよくありません。靴は、多くてもそれぞれ1足ずつ出し、それ以外は下駄箱にしまうようにした方がよいです。

家族全員分の靴を仕舞わなければならないので、下足入れは、広いスペースがあった方がよいです。靴もバラバラに収納するのではなく、高いところはお父さん、その下にお母さん、低いところに子供たちというように分けて入れたほうがあけたときの見栄えもよいですし、どこになにがあるのかを探さずにすみます。

靴以外に仕舞うものは、傘です。雨の日以外出番がない傘は、玄関の見えないところに仕舞った方がよいです。傘立てに立てておくのもよいですが、できれば、見えないところに仕舞っておきたいものです。傘を仕舞う場所の下を空けておけば、使った後に水滴が下駄箱内にたまらなくて便利です。雨が降った時だけ、下にバケツを置いておくなど工夫すれば玄関が濡れなくてよいです。

玄関を開けるときに使った鍵は、玄関に置いておくと、翌朝鍵がないと探し回らなくてもよいので便利です。その際に、家族の鍵を置くスペースを決めておくとよいです。それぞれの小物入れなどで、鍵を置くスペースを作るのです。鍵だけでなく、宅配便が来たときに必要な認印をおいておくと便利です。あと街を歩いているときにたまにもらうポケットティッシュなども玄関においておけば、出掛けに持っていけるので便利です。

下駄箱の隣にもう一つ収納スペースを作って、コートやレインコートなどをかける場所を作ると、部屋の中までコートを持ち込まなくてすみます。来客時もコートを預かってかけておけます。ゴルフ用品やスポーツの道具、ペットのお散歩用紐なども玄関の収納スペースにしまえば外のものを部屋の中に持ち込まずにすみます。

下駄箱の扉の裏に鏡をつけると出かける前に全身チェックできるので便利です。

空きスペースを使った収納で賢い間取り

一戸建て住宅を建てるとき、階段下を使って収納スペースにしようと考える人は少なくありませんが、扉を一つにしてしまうと、奥のほうのものを取り出しにくくなってしまうという声を耳にします。

階段下のスペースを有効利用しようというアイディアは悪くないのですが、設計の仕方に問題があるようです。そこで、扉を階段横につけるのはいかがでしょうか。横に扉をつけると奥行き分しか物が入らないので、奥のほうのものが取り出せないというようなことはありません。扉も一つである必要はないので、必要に応じて、必要な扉が開くようにすれば使い勝手がよいです。

物が多いご家庭の場合、物を全て部屋の中に出してしまうと、部屋全体が狭い印象になってしまいます。物は使うものを使うときだけ出すことにして、極力どこかにしまっておいたほうが懸命です。クローゼットも、スペースが確保できるのであれば、ウオークインクローゼットにして、収納スペースが雑然とならないような工夫を心がけたいです。

設計の段階で、収納スペースを確保するときに、スペースを広くすれば、部屋自体が狭くなってしまいます。部屋を広くしたい余りにスペースを狭くしてしまうと物が入りきらずに、結局部屋に物が溢れることになります。

新居に引っ越すに当たって、これはもっていく、持って行かないを考えて、それにそった設計をすると物が入りきらなくて困るということもありません。こまごまとしたものであれば、どこでも入りますが、ある程度大きなものは、それ専用のスペースを確保した方がよいです。なので、使っている家具をそのまま新居でも使う場合は、何を持っていって、どこに置くかまで考えてから、設計をした方がよいでしょう。

リビングの収納で意外と便利なのが、カウンターキッチンの下です。シンク側は、食器や包丁、鍋などを入れるスペースになりますが、ガスレンジ下は、リビング側にも物を入れるスペースを作ると便利です。シンク側は、食事が出来るスペースになっていて、イスをしまえる場所が必要ですが、ガスレンジ側は、収納スペースを作れる空間があります。小物やよく使うものを入れるスペースにするとよいでしょう。

収納型家具で動けるスペース拡大

ウオークインクローゼットをリビング側の壁と隣室の寝室側の壁に作り、扉を両側につけると、リビング側からも物を取り出すことが出来、寝室側からも物の出し入れが出来て便利です。扉をつけなければ、必要な物を取り出すのにいちいち扉を開ける手間を省くことが出来ますし、ロールスクリーンをつけて、来客時に下ろしてしまえば、他人にクローゼットの中を見られなくてすみます。中を行き来できるように天井を高くすれば、リビングから寝室側の物を取り出すことが出来るので便利です。

設計時に収納をそこまで考えていなかった、古い一戸建て住宅をリノベーションするので壁の位置を変えられず収納スペースを作れないという人でも大丈夫です。収納機能のついた家具があります。

タンスやチェストなど収納家具そのものではない家具を指します。タンスやサイドボードを置くのももちろん良いですが、その家具分だけ部屋が狭くなります。ところが、引き出し付きのソファーや座面の下に物が入るスツールなどを置くと、家具分のスペースで収納も確保できます。テーブルの下に物をしまえるスペースがあるものもあります。

そういった家具には、日頃あまり使わないものをいれておくとよいです。反対に良く使うものを入れておくと、テーブルの場合使うたびに上においてあるものをのけなければなりませんし、ソファーも座面の下にもの入れがある場合は、座面をのけなければなりません。引き出すタイプのものでも、テーブルの位置をずらさなければ引き出しが開かないこともありますので、衣替え後の衣類や、クリスマスツリーやイルミネーションなど1年に1回くらいしか使わない物をしまっておくとよいでしょう。

まとめ

一戸建て住宅で、広い収納スペースを作ると、生活空間を広くし、快適で過ごしやすい暮らしが出来ます。普段から収納を生かした生活をしていると、来客時に慌てて物をしまうということも無くなります。しかしそのためにリビングスペースや部屋の間取りが狭くなってしまっては本末転倒です。

限られたスペースしかとれなくて、狭い収納になってしまっても、工夫次第では物を多く収納できますし、取り出しやすくすることも出来ます。また、空きスペースを上手に活用することで、リビングや部屋を広々と使うことが出来ます。