一戸建てで考えられるバリアフリーにはどんなものがあるの?

一戸建てではご家族皆さんが、末永く快適に暮らせるようにご検討されている方も多いでしょう。けれどもご家族の中でお身体に障害を持っていたり、介護が必要な高齢者であったり、車いす生活をされている方もいらっしゃることと思います。

社会的弱者と考えられる方であっても、バリアフリーを取り入れることで一緒に快適に過ごせるお住いを実現することができますので、そのようなバリアフリーにはどんなものがあるのかを考えていきます。

安全快適を考える時には検討しておきたい住まいのバリアフリー箇所

ご家族の中でご高齢の方や介護を必要とする方などがいらっしゃったり、障害を抱えていらっしゃる方、ご自分の年齢を考えてそろそろ将来を見越して住みやすい一戸建てにするリフォームをしたいと考えておられる方などは、バリアフリーを住まいに取り入れることをご検討されています。社会的に弱者だと思われる方がそれぞれ抱えていらっしゃる問題などで、日々の暮らしを不自由に感じることなく、快適に過ごしやすい環境を作り出せることが、バリアフリーにされた住宅の大きなメリットです。バリアフリーの種類/どんなものがあるのかを知って、安全快適を考える上でも検討をしておきたいポイントを押さえながら、今後の住まい造りの参考にされることをおすすめします。

お身体などに問題なく元気に暮らしている方にとっては、不便だと感じない家の中の箇所が、社会的弱者とされている方々にとっては、不便に感じて大きな障害となる箇所になることがあり、それに伴って精神的なストレスまで抱えてしまうことにもなりがちです。バリアフリーの箇所を考える時には、まずはそのような方々の視点に立って、そこで過ごしていくことを具体的にイメージしながら検討をしていく必要があるのです。

またバリアフリーには、小さなお子様などをはじめ誰もが起こしやすい家庭内事故を未然に防いでくれる働きもありますので、高齢者だけでなくご家族皆さんを快適安全な暮らしへ守ってくれる機能が多いです。そのため、お身体に自信があって今まではバリアフリーの導入を必要だと思わなかった方であっても、お子様の誕生や高齢なご両親との同居などをきっかけにして、バリアフリーを初めてご検討されることも多いのです。

家庭内で起こる不慮の事故というのは、想像する以上に実際には多くのご家庭で起こっています。それを未然に防ぐ目的もバリアフリーにはあり、小さなお子様から社会的弱者までの老若男女を問わずにご家族全員の安全安心を守ってくれる役割を担っているのです。バリアフリーには、お身体にとって不自由を感じさせない快適な暮らしを提供する面と、家庭内で事故になりそうな箇所を未然に防いでくれるという両面があるのです。

家庭内で起こりやすい事故では、不慮の溺死や溺水、転倒や転落などが多く発生していて、その総数は交通事故以上だとも報告されています。バリアフリーでこれらを未然に防ぐことは、ご家族皆さんを守っていく手段にもなります。家庭内での転倒や転落を防ぐ意味での住まいのバリアフリー箇所は、手すりを付けたり、段差を無くしたり、床に滑り止めなどを施したりといった点を検討していくこととなります。床で滑って転んだり、段差や出っ張りにつまずくことを防ぐためにバリアフリーの段差プレートを利用して段差をなくしたり、滑りにくいワックスを使うなどが効果的でしょう。また手すり付きの浴室やまたぎが高くない浴槽にするバリアフリーを検討することで、不慮の溺死や溺水などを未然に防ぐことに繋がります。

火や調理器具を使う点ではキッチンも、バリアフリーを検討することが多い箇所です。コンロの火や熱い鍋でのやけど、包丁など刃物を使った怪我などを未然に防ぐために、バリアフリーを兼ねた使い勝手の良いシステムキッチンやIHコンロの導入などが検討されることが多いです。

このように、家庭内に潜んでいるバリアを取り除くバリアフリーを取り入れることで、事故を大幅に軽減できる可能性がある箇所というのが、特に優先的に検討をしていく箇所と考えられます。

バリアフリーにする時のヒントからイメージを広げてみよう

誰もがいづれは歳を取るものですが、ご自分がご高齢になってからもずっと住みやすい家というのは、結局は社会的弱者と言われている方々をはじめとして、誰にとっても住み心地の良い家なのです。このような家になるように、新築として建てる時やリフォームをする時には意識をしておくことが大切です。そんなバリアフリーの家を造る時はヒントがありますので、いくつかあげてみたいと思います。

寝室のそばに広めのトイレを作れば、高齢者にも使いやすく行き来がしやすいです。毎日使う頻度が多い場所が、寝室の近くに配置されていることで、身体を動かしにくい方にも負担が少なく、冬場のヒートショックなども心配することもが減ります。

洗面台の高さでも車いすの方が使いやすい高さにするなどの工夫ができます。下部の収納スペースを取り払い、車いすのまま引き寄せて使える洗面台なども提供されています。また長時間立っている場所では、少し休めるようなベンチやいすを設置しておくのもよい方法です。

リビングやダイニングなど、ご家族皆さんが一堂に顔を合わせることができる場を作っておくことも良いです。そういった場所では、高さ調節のできるテーブルを選ぶと、車いすの方やお子様などにも使い勝手が良くなります。高さの調節のできるテーブルはいろいろなところで使い勝手を良くするアイテムです。キッチンなどでも調理がしやすくなりますので、積極的に導入することをおすすめしたいです。そしてご家族全員が過ごしやすくて、自由に食事をしたりくつろげる場所が一戸建ての中にあれば、精神的なよりどころになるものです。

廊下などは介護者と介護を受ける方が並んで歩けるような幅があれば、介助もしやすくなりますし、車いすのご家族がいらっしゃる時は、部屋から部屋への移動や、玄関の出入りに関しても広さが必要になってきます。変更が難しい箇所はできるだけ最初の段階で余裕を持った広さを検討しておくことをおすすめします。

一戸建てでできるバリアフリーの実例

一戸建てでは少しの段差のある箇所や幅のある場所といったところでは、身体的能力などが障害を生じている程度によっては、スムーズに利用ができなくなってしまうことがあります。たった一段の段差が、足腰の弱い方にとってはつらい箇所になりますので、つらさを少しでも緩和できるように、段差の軽減やスロープの設置などが推奨されています。

同じように、家庭内でのつまずきが無いようにとフラットフロアをリビングに取り入れたり、転倒や転落を防止したり、玄関、トイレ、浴室などバランスを崩しやすい場所で安全にしゃがんだり立ったりできるようにと手すりを付けるご家庭もあります。ヒートショックを防止する浴室乾燥機が付いた浴室にしたり、また暗い場所や廊下などで人感センサ付きの自動点灯を設置して足元の安全に配慮している例もあります。滑ったり転んだりしないように、水がすぐに乾いて滑りにくい床材に変更することもできますし、階段に滑り止めをつけるなど工夫されています。

このようにバリアフリーには大きな施工から、簡単にできることまでありますので、ぜひ取り入れてみて下さい。

まとめ

高齢化社会に伴って一戸建てでバリアフリーを検討している方も多いものですが、高齢者や社会的な弱者と言われる方が快適に過ごせるような機能があるだけではなく、家の中で起こりうる事故なども未然に防いでくれる役目がありますので、ご家族皆さんにとって安心安全な住まい造りを実現することができます。バリアフリーの種類/どんな風に取り入れていけばご家族にとっても一番良いのかをイメージしながら、ぜひ参考にしてみてほしいです。