リフォームにはメリットがいっぱい!一戸建てが新しく生まれ変わる方法

永く一戸建てに住んでいるので、そろそろ古くなった住まいのメンテナンスが必要だとお感じの方もいらっしゃるでしょうが、リフォームを上手に活用すれば、お住いの愛着のあるところはそのままにして、新しく生まれ変わらせることができるのでおすすめです。新しい物件を探してお引越ししたり、建て替えるよりもだんぜん費用も抑えながら、工事の期間も短くて済みます。今よりも住み心地の良い住まいに、リフォームで実現することができるのです。

リフォームすることのメリットとは?建て替えとはここが違う!

一戸建てに永くお住まいの場合、入居時よりも古くなってきた状況をみて、どこかのタイミングで住まいのメンテナンスを考えたり、お家の建て替えを考える方がいらっしゃいます。そんな時には、リフォームという方法があることも知っておいてください。リフォームをすることで、お家をふたたび綺麗に蘇らせたり、使い勝手を良くしたりなど、新しく生まれ変わらせることができるのです。建て替えとは何が違うのかや、それぞれのメリット/デメリットにも触れながらリフォームの良さを考察していきます。

一戸建ての建て替えは、建物を全部壊して土台から新しく作り変えることです。解体をする工事費や処理費用、建て替えする間には別に住む仮住まいのための費用や引越し費用などがかかる上に、それと新しい建物の登記や申請などをする必要があります。一方、リフォームの方は大規模な物件でもない限りは、先ほどの建て替えよりも比較にならないくらい費用も安くて、工事費くらいで済みます。このようにリフォームにはメリットが多いですので、まずは建て替えよりも先に検討をしてみる価値があります。

愛着のある建物を大きく壊さなくてもよい状態で施工ができるのは、住みながらにして改修していける点で大変手間が楽になる方法です。また作業規模も小さいですので、工事期間も短くて済みます。最終的に家が新しく変わるための諸費用などを抑えられて、さらにはご予算に合わせてリニューアルの内容が変更できたり、必要な箇所のみからまずは取りかかれるなどと、金銭面で余裕を持って施工をすることができるのが大きなメリットです。またリフォームをすると各種税金が軽減できるのも大きなメリットと言われます。

反対にリフォームすることのデメリットも知っておいて、施工をする時に早めに対処をしたり、ご自宅が施工するのに向いているかの判断をするなどの参考にしてください。基礎や柱、梁といった主要な構造を変えない場合は強度に不安が残りますので、構造を含めて補強をするフルリニューアルが必要になった場合の一戸建てですと、新築よりも高額になる場合があります。

特にツーバイフォー工法で壁による強度や耐震性を確保する一戸建てでは、壁に穴を開ける作業自体が難しいですので、どちらかといえば新装がしにくい建築法です。同じように鉄筋コンクリートの場合も構造上の変更はしにくいですので、間仕切り壁での内部のリ新装がメインとなります。このように一戸建ての構造によっては、リフォームのメリット/デメリットにも大きく影響を与えてしまいます。また業者の方に入っていただいてシロアリ被害などが見られた場合には、それも必要と判断されたリニューアルを含んだ予定外の出費になってしまうこともデメリットのひとつです。

一戸建てのリフォームを考えた時にメリットの大きい場所

一戸建てのリフォームを考えた時にメリットの大きい場所というのは、施工をしてよかったと実感を感じやすい場所です。これは、ご家族皆さんが毎日使う頻度が高い場所でもある、水回りでのリフォームが、1番喜びの声が多くて、1位がトイレ、2位が浴室で、その後にキッチンと洗面台というようなアンケート結果があります。確かに日々の暮らしでご家族が毎日使う場所というのは、それだけ傷んできたり汚れやすくメンテナンス対象にもなりますし、リニューアルで使い勝手が良くなると、すぐに多くの方にその変化がわかってメリットの実感が持てる場所だと感じます。

この効果は掃除がしやすくなったり、明るく開放的な部屋になったなどの空間の変化だけではなく、精神的な部分にも影響を与えてくれます。使い勝手が良くなって暮らしやすくなったり気分が明るくなって楽しい時間が増えたりなどの感想も多く、生活に密接な場所のリニューアルをするとご家族皆さんの心にも良い影響を及ぼしてくれますし、それがリフォームをして本当に良かったと思える気持ちを増幅させます。

またご家族の中にご高齢な方やお身体が不自由な方がいらっしゃる場合、その方達が日々の暮らしを快適に暮らせるような機能を兼ね備えた手すりや足腰への負担軽減などのバリアフリー要素も取り入れた新装を実践された箇所というのは、ご家族全員でその効果を身近に見て感じますので、リフォームするメリットが大きな場所になります。

エクステリアを充実させたリフォームも効果的

リフォームは、一戸建てのエクステリアを見直すなどして、充実をさせることでも効果が大きいです。門やフェンスもエクステリアですが、ここはいわば家の顔のような場所ですから、外から見た時の一戸建ての印象が、門やフェンスのエクステリアによってさまざまなな演出を可能にしてくれます。エクステリアでのリフォームで、見た目や雰囲気も違ってきますし、新たに防犯の役目を強化させることもできるのです。

ブロック、コンクリート、タイルなどで建物に調和した門やフェンスのエクステリアにしてしっかりと外からの視線を遮るプライバシー重視の物は、クローズドスタイルです。お庭で洗濯物を干しても安心ですし、門やフェンスに装飾を施すことで、さらに高級感や重厚なイメージも演出ができます。また、あえて門やフェンスを設けずに、開放感を演出するのは、近年増えてきたオープンスタイルという物で、こちらのエクステリアでは敷地を広く見せたり風通しの良さや日あたりの良さを叶えるリフォームとなります。外からはお庭が見える構造で、侵入者があればその存在にも気づきやすいことでの防犯の役割をしています。

またクローズドスタイルとオープンスタイルの両方の面を取り入れた門やフェンスは、セミクローズドスタイルと言われるエクステリアで、開放的なところと閉鎖的なところを選んで設けることができますので、バランスの取れた形です。人の目を遮りたいところはクローズドにして、テラスやカーポートなどはオープンにするなどができますので、自由度が高いリニューアルになります。このように、今ある門やフェンスのエクステリアを充実させてリフォームすると、建物には手を加えないままでも、全体の印象をガラリと変えたり、機能性が向上したりするのでおすすめです。

同じように、お庭やカーポートなどの一戸建ての外部のエクステリアを今よりも充実させると、見た目や使い勝手、機能性などが向上できます。ご家族の動線や敷地の形などを考えて、門、フェンス、カーポート、庭といったエクステリアを変えてみることで、一戸建てをリフレッシュさせるリフォームとしての働きにもなるのです。

まとめ

永くお住まいの家にメンテナンスが必要になったり、見た目や機能性ももっと良くしたいとお考えでしたら、建て替えよりもリフォームを選択する方が、費用の面でも安くなったり、手間がかかることが少ないなどのメリットを感じることが多くあります。ただ、一戸建てによってはリフォームに向いていない造りもありますので、検討する時には参考にしてください。

メリットを感じることが大きい場所で施工したり、エクステリアを充実させるなどの手法も用いて、ご自宅にとっての最適なリフォームを実現してください。