一戸建てならエクステリアも充実させたい!おすすめしたいエクステリアとは

一戸建ての主に外部を構成している物を指す言葉としてエクステリアがあります。実際にお住いになっている建物と一体となり、門や外壁、フェンス、庭、駐車場やカーポートといった場所などが、さまざまなエクステリアの形で彩られています。

エクステリアに最適なおすすめの素材を適材適所に活用することで、美観を保ったり、より強化したり、メンテナンスをしやすくするなど、多くのメリットが生まれますので上手に活用をしていきたいものです。

エクステリアにはどんなものがあるのか

エクステリアは家の中ではなく、主に家の外部を造っている空間全体を表していて、さまざまなおすすめの素材を使って一戸建てを彩っています。外から見た印象がエクステリアによって左右されることも多いですので、まさに家の顔とも言える箇所です。どのように家の外側の箇所を使いたいかで、活用法も大きさも変わってきます。

代表的なものとして良く見ることがあるエクステリアはどんなものがあるのかと言いますと、家の玄関にある門やフェンスなどは、建物である家と外部とを分けたり、防犯の役目を持たせていたり、デザインとしての見栄えを考えて活用されることがあります。他にも自動車を所有されていれば、カーポートや駐車場などが必要となって来るでしょう。他にも自転車を何台かとめたいとか、お子様やペットが遊べるお庭造りがしたいとか、趣味のガーデニングを楽しめるようにしたいなど、使うご家族の動線や状況、建物と敷地の形、玄関のある位置などを同時に考えながら、門やフェンス、庭などのエクステリアの配置を考えていくことになります。素材によって見た目も変わりますし、使い勝手も違いますので、目的に適した造りに仕上げることが大切です。

エクステリアの素材には何が使われているのか

一戸建てのエクステリアはさまざまな場所がありますが、一般的には外部にあたる部分ですので、屋外での耐久性を持って利用できる素材が使われています。そこからさらに、それぞれの場所に適した素材が選ばれているのです。代表的な素材としては、次のような物が知られていますが、検討をする時の参考にしていただければ良いです。

ブロックを素材にして、壁などに使ってエクステリアにすることは定番の方法です。近年ではいろいろな種類のものがあり、タイルや天然石などが組み合わされたブロックを利用することで、お洒落でオリジナルな風合いにもなります。ブロックは塀を設置する時にはコンクリートよりもコストがかかりませんし、並べ方によって隙間ができないので、塀の内側があまり見えない造りにもできますし、防犯のために隙間をわざと作ってあえて外部と適度な繋がりを持たせる造りにすることもできます。

セメントと砂利や砂などを混ぜ、そこに水を入れて作られるコンクリートは、エクステリアの多くの部分で利用がされている素材です。コンクリートは耐久性があり、強度も十分に優れている点がメリットで、内部に鉄筋を入れる鉄筋コンクリートにすると耐久性がさらに強化されてエクステリアには最適です。またコンクリートを敷いた下は、草などが生えることを防ぎますので、手入れがいらないこともメリットです。車を置く場所として強固さが必要な駐車場、カーポートの下には、コンクリートがよく利用されています。また建物がコンクリート製の場合には、併設している塀もコンクリートを利用すると、見た目も全体に調和させることができます。コンクリートは乾くのに時間がかかったり、でこぼこになってしまうことも多い素材ですので、専門の業者に依頼して施工をすることが多いです。

庭を綺麗に見せる彩り考える場合では、芝生を素材として利用することが多いです。コンクリートを使って下から雑草を生えさせないこともできますが、やはり芝生のある庭は見栄えも綺麗ですので、定期的に雑草を抜いたり、芝刈りをしたり、水などを撒くなどの管理をしていく必要はありますが、芝生を庭のエクステリアの素材として使いたいという人気は根強いです。特に夏の時期の芝生は、コンクリートの太陽の照り返しに比べると涼しいですし、お子様やペットがいらっしゃる一戸建てでしたら、遊び場としての役目もあります。また芝生の素材には、天然の芝生の他にお手入れが簡単な人工芝があります。人工芝は基本的には10年ほど手入れが無くても使い続けることができますので、芝生の良さを活かしながら、管理の面では楽なところがメリットです。

近年では外壁にタイルがエクステリアの素材として利用されることが増えています。タイルは水や汚れを吸収することがなく、強くてお手入れが楽でさまざまな色を表現することができる素材ですので、どんな外壁にも合わせられてデザイン性にも優れてオリジナルの風合いを出せるので人気があります。最初に設置する点では費用が他の素材よりも割高になりますが、その後はメンテナンス費もいらないので、経済的な素材と言えます。テラスやカーポートなどの家の外側の床の部分にタイルが利用されることが多いです。

レンガもエクステリアの素材としては好まれて使われる素材です。外壁や塀だけでなく、お庭造りでのワンポイントとして、レンガを利用することもあります。洋風な雰囲気もあり、見た目がオシャレだと感じることも多く、環境にも優しくて吸水率も高く、お庭など植物とも相性が良いですので、ガーデニングではよく利用されます。またレンガは古くなっても色合いに深みが出ることから、永く愛用ができる素材です。

見習いたい!上手なエクステリアの成功例

外観に寂しさを感じている一戸建ての場合、美観を中心にエクステリアを施すと、一気に華やいだ仕様になります。装飾美を楽しめるようになりますし、好みのスタイルでまとめると、それだけで暮らしが楽しく感じられるものです。外構リフォームでもエクステリアを新たに取り入れることで、ライフスタイルに合った設計に変えることができて、より快適な暮らしになります。無駄な動線を排除すれば移動もしやすく、美観も良くなったと同時に使い勝手が向上することで、成功例と言えます。

他にも自動車のカーポートは、車を雨から守り雨天時には荷物の乗せ降ろしなどでも体が濡れずに重宝します。近年はソーラーカーポートと言う太陽光発電システムを兼ねたタイプもあり、エコ住宅の観点から成功例として人気があります。

また外観には大きく分けて、クローズドスタイルと、オープンスタイル、その中間のセミクローズドスタイルなどがありますが、それぞれ防犯の観点やデザイン性などの観点から一戸建てに適した形にすることが、上手なエクステリアの成功例と言えます。

まとめ

エクステリアは家の中ではなく、主に家の外部を構成して造っている空間を言いますが、そこにはさまざまな素材が、最適な箇所に使われています。代表的な素材には、ブロック、コンクリート、芝生、レンガ、タイルなどがあり、それらが門の外構やフェンス、お庭造り、カーポートなどに使用されて、一戸建て全体の美観を良くしたり、耐久性を持たせたりして建物の外から見た印象にも大きく影響を及ぼしています。

どのように家の外側を使いたいかに合わせて、上手にエクステリアを活用していきたいものです。