バリアフリーのメリットを知って住みやすい一戸建て住宅に

一戸建ての方が今現在抱える問題であったり、将来の問題となってくる介護などをきっかけとして、バリアフリーの住宅にしようと考え始めることは多いです。初めてご自宅へのバリアフリーを考える時には、どこから手をつけていけば良いのかを迷って手探りになってしまうこともあります。

あらかじめバリアフリーにした時のメリット/デメリットなどを知っておくことで、一戸建てにとって有効な取り入れ方ができますのでご紹介します。

バリアフリーにする時のメリットとデメリットを知ろう

高齢の方や介護の必要な方などがいらっしゃったり、将来を見越してバリアフリーを取り入れるお住いを考えた時には、とても重要な機能や過ごしやすい環境を作り出すことができるのが、バリアフリーにリフォームされた住宅です。けれども全てがメリットかと言われますと、デメリットになってしまうところもあるので注意しておくこくことが必要です。

私達が普通に暮らしている時には、別段不便であるとも感じないところが、高齢者の方や介護が必要であったり社会的弱者と言われている方にとっては、不便さを感じたり大きな障害となってストレスになる場合があります。たとえばご自宅に関しても少しの段差のある箇所や幅のある場所といったところでさえも、身体的能力などで障害を生じている程度によっては、スムーズにできなくなってしまうことがありますし、そのことで精神的なダメージをも受けておられる方もいらっしゃいます。

バリアフリーにすると実感するメリットはさまざまなものがあり、特に住宅では、玄関や廊下、お風呂やトイレ、階段などがバリアフリーにリフォームされることが多く、それによって足腰など身体能力が弱っていたり、車いすの方であっても日常生活がスムーズに送れるような仕様になっています。車イスの方や高齢者の方が、スムーズに動いて生活ができるようになると、不自由さから来るストレスを感じにくくなります。これは、今までうまく動けなかったりできなかったことで、障害に感じていたことがバリアフリーによって解消されたので、精神的なストレスが減ったということです。また階段の段差や廊下の幅、お風呂に付いている滑り止めなどは、小さなお子様にとっても安全策となりますので、より安心な生活となります。

このようにリフォームすることで、車イスや足腰の弱い方、高齢者はもとより、お子様や老若男女を問わずに、ご家族皆さんで一緒に同じ家での生活ができるようになることはメリットです。誰もがスムーズに動けて、ストレスなく過ごせるような機能を住宅に取り入れていくことで、日常がより過ごしやすく感じられるものが本来のバリアフリーの最大のメリットであり、超高齢化社会と言われている現代にとってますます需要が増えていくものでしょう。

反対にバリアフリーにする時のデメリットとしては、 施工にはお金がかかりますので、費用の面できちんと計画を立てなければならない不便さがあるということです。ご家族の状態をみながらどこを優先していくかなどの話し合いをする場合も必要な時があります。また施工する時には自治体に申請をしたり助成をしてもらう手続きなどもありますので、そういう手続き関係なども調べる必要があります。このようなバリアフリーをするまでの段取りに手間を感じる方にとっては、デメリットということになるでしょう。

また他にも施工に関しては、玄関と室内とで段差をなくすことで、外の砂やホコリが家の中に入りやすくなったと、出入り口や廊下を広くするバリアフリーではその分収納場所が小さくなり減ってしまった、階段やトイレに手すりをつけたら狭くなってしまったなどがデメリットとして上げられています。特に最初から計画して設計した場合ではなく、後からのリフォームで施工をした時に新たな問題になってしまうという事例があげられています。他にもご自分はまだまだ身体は大丈夫と感じていらっしゃる高齢者の方などから、バリアフリーに対する理解を得られずに、話がなかなかまとまらないといったデメリットがある場合もあります。

資金の面、施工の面、ご家族の理解に対する面などのデメリットを少しでも減らすためには、準備期間と計画には余裕をもってリフォームをしていくことが大切なのでしょう。そして慌てていっぺんにバリアフリーにすることは大変ですので、ご家族にとって必要な箇所から、少しづつ考えていくのが良いでしょう。

一戸建てでバリアフリーを考える時のチェックポイント

一戸建てでバリアフリーを考える時には、たとえば階段の昇り降りが辛い方は、一階での生活をメインにして生活をしてもらうという考え方もあります。そういう視点でみますと、一階で暮らすためには居室だけではなく、浴室、トイレ、できればキッチンなども一階にある方が好ましい見取図となります。新築の場合でしたら、このようにバリアフリーの視点から、まずは部屋割りや設計図を考えていくことになります。

玄関のポーチには大きな段差があることが多いので、ここもバリアフリーを考えた時にはチェックポイントとなります。車いすのご家族が居れば、特にこの状態では移動が大変になりますので、移動がしやすいようにスロープがある設計となることが多いです。また、車いすが出入りできるだけのスペースが、玄関を含めて家の中でも入り口に関しては、チェックが必要なポイントになります。また部屋から廊下に出るなどの段差も、車いすでの移動を妨げることになりますので、部屋の出入りにおいての段差の部分は、チェックポイントになります。

扉もチェックポイントで、開き戸よりも横にスライドをさせる引き戸の方が、バリアフリーの視点からは便利だとされています。車いすで開閉するシーンを考えてみても、開き戸ではやりづらいことがイメージできます。足腰が弱っていることを想定しますと、手すりというのはバリアフリーでは基本のチェックポイントになります。トイレや浴室、寝室などで必要な箇所に手すりがあることで、スムーズに動くことができますので、取り付けることが多い箇所です。他にも特に浴室は、滑り止めや浴槽などにおいて、安全に配慮をしたチェックポイントが多くあります。

対象となる方にとってどのような動作が辛いものであるかをイメージしていくことや、車いすで暮らす時には何が必要であるのか、介助する側にとっても必要なことは何であるのかといったような視点で考えてみる必要があります。

参考にしてみたい!素敵なバリアフリーの住まい

バリアフリーを必要としている方の動線を考えて、動きやすい住まいを実現すると生活がしやすくなります。トイレなどは寝室のそばに配置しておくと、寒い季節でも行き来がしやすいですし、毎日利用する頻度の高い箇所ですから、メリットも大きいです。

リビングやダイニングなど家族が顔を合わせて過ごしやすい空間にするために、高さの調節ができるテーブルを選ぶことで、車いすの方でも使いやすくなり、家族全員で食卓を囲むシーンを演出できるなどの素敵なバリアフリーの暮らしとなります。

キッチンでは高さ調節できる製品を入れたり、廊下は介護を手伝う方の動きも見越して広めにゆとりを持たせておいたり、バスルームは滑り止めや介護者も一緒に入れるような広さで造るといったように、生活する場面で動線や身体の補助に合わせて必要となってくることを補える住まい造りにすることで、家族全員が末永く快適に暮らしていくことができます。

まとめ

一戸建てのバリアフリーでのリフォームを考えていらっしゃる方も多いものです。将来を見越してご高齢になった場合のことを考えた時や、車いすなど身体的に障害などをすでに抱えていらっしゃる方にとっても、ご家族の皆さんと一緒に過ごしやすい生活を営むことができます。バリアフリーの住まいにすることで、メリット/デメリットの両方があることを知って、メリットをより多く感じられる場所を増やしていくことで、最適な住まい造りに活かしていくことをおすすめします。