鶴見区では建売と注文住宅どちらが良い?

戸建て注文住宅

住みたいエリアそれぞれに立地条件が違うので、住宅の相場や買える土地も変わります。都市部になると、そもそも土地が売っていませんので、建売住宅の一択になる場合があります。それらを考慮してどのタイプの住宅が良いか検討しましょう。それぞれのメリットとデメリットを知ることで、無駄や後悔なく購入できるかと思いますので、この記事を参考にしてみてください。

建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅は注文住宅に比べて、購入手続きが簡単というメリットがあります。既に決められたプランで建てられているため、住宅をまとめて購入する形になるのです。敷地も一緒も含まれていますので、土地を買う手続きも省略されます。打ち合わせで時間を取られることもなく、スムーズに購入することができます。そして、敷地の境界が明確にされていることが多いので、近隣住民とのトラブルが起きにくいです。

デメリットは自分好みの設計にできないことです。もとより完成している住宅を購入するので、立地と住宅の両方を考慮しなければならなくなります。設計の費用を削減しているので、似たような物件が多く、個性的な物件は期待できないでしょう。また、敷地境界は明確ですが、間隔が狭い傾向にあり少々窮屈に感じるかもしれません。見た目や内装にこだわりがなければ良い住宅だと思います。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅は内装や外装を自分好みのデザインにすることができ、設備も自由に選べます。この自由さが最大のメリットです。施主として家が出来るまでの過程をチェックできるのも注文住宅の醍醐味でもあり、欠陥住宅にしないための対策になります。こだわった住宅に住みたい人に適した建て方です。一戸建ては一生に一度と言ってもよい買い物なので、手間をかける価値は十分にあると思います。

デメリットは忙しい人には向かない建て方だということです。打ち合わせの回数や手続きが多く、何かと時間を取られてしまいます。そのため、考える余裕が無くなってしまい適当な打ち合わせになることもあるそうです。また、施工業者で支払い方が違うので、追加料金が発生するなど、引き渡し後のトラブルが相次いでいます。引き渡しまでの知識が必要なので、他社による監視を依頼する場合も多いようです。

鶴見区で一戸建てを購入するならどっちが良い?

結論を言いますと、どちらでも良いです。鶴見区には注文住宅の相談ができるハウスメーカーや工務店がたくさんあり、信頼できるところも多いです。正しい知識を教えてくれる業者もあり、良心的なので安心して注文住宅を建てられます。

鶴見区の注文住宅メーカーは200社以上ありますので、建てるのに適したエリアだということも分かります。建売住宅も鶴見区専門に扱っている業者がたくさんありますので、自分に合う物件を探せるのではないでしょうか。鶴見区だけで70戸以上の建売住宅がサイトにて掲載しており、物件の充実さがうかがえます。

建売住宅も進化しており、鶴見区は住宅の建設が積極的に行われていますので、一概にどちらが良いとは言えません。自分に合ったスタイルの住宅選びが良いのではないでしょうか。

まとめ

建売住宅と注文住宅のどちらでも購入するメリットがあります。結局は自分次第なので、メリットとデメリットを考慮した上で購入を検討することになります。

大切なことは自分に合った住宅か施工方法なのかです。こだわりがあれば注文住宅が良いのですが、知識が必要とされるので他業者による監視を依頼した方が良さそうです。時間がなくスムーズに購入したい人は建売住宅が合うでしょう。これらを参考に不動産屋に一度相談してみると良いです。