身軽に生きる!一戸建ての賃貸物件に住もう!

賃貸の良さ、それは流動的である人生に合わせて住居を選択し続けることができる点です。生きていれば職場が変わるかもしれません。収入は落ちるかもしれません。家族が増える可能性も減る可能性もあります。状況の変化によって住居を変えることができれば、その時々に合わせた支出で生きていくことができるのです。家を購入して資産を作ることよりも、別の形で資産を残しておきませんか?広い家に住みたいという方!賃貸でも一戸建てに住むことはできます!

 

賃貸に住めば選択肢いっぱい!

賃貸の一番の良さは選択肢の多さです。家族の増減に合わせて引っ越せば、住居に対する支出の調整ができますし、転勤や転職にも広く対応できますからチャンスが広がります。収入が減ったり、会社が潰れたりという悪い事態でも引っ越して家賃を落とすことができますから家に関する借金に悩まされる心配もありません。

場合によっては日本を出て海外に暮らすという選択をする家族もいるでしょう。たとえ家を購入してローンを完済したとても、税金や修繕費は必ずかかります。そもそもこの地震大国で建物は常に倒壊の危険にさらされているのです。

持ち家を手に入れたからといって住居の心配がなくなるというのは大間違いで、いつだって家が灰燼に帰す可能性があるのです。だったら変化に対応できるよう住居は持たずに、その分お金や株券などの形で資産を蓄積しておいた方が利口に生き残ることができるのではないでしょうか?

 

本当に購入した方がいいんですか?

日本人の多くが住居の購入を望む、「持ち家信仰」というのもがあります。しかし実は家の購入に向いている世帯はそんなに多くはないんです。家の購入のデメリットはズバリ、変化への対応がしにくくなることです。そして人生には変化がつきもの。収入や世帯数の増減、趣味嗜好の変化は必ずあります。

それでも住まいを変えられず、住居に縛られる事になるので賃貸を薦める意見が出てくるのです。家は資産を作るためだとか、老後の安心のために購入する必要はありません。家が本当に好きで、理想の家で暮らせるからこそ仕事も節約も頑張れる人こそ家の購入を考えるべきです。

家を購入する事で手に入るのはあくまで「憧れのマイホーム」であり、自己資産や住居の安心ではないのです。住んでいればどんどん資産価値は下がりますし、いつローンが払えなくなるかもわかりませんからね。「家を買うことが絶対正しい」とは思わず、一度立ち止まって賃貸で暮らしていくことも考えてみてください。

 

マンションより一戸建てが良い訳

賃貸というと多くの人がマンション暮らしを考えるでしょう。しかし一戸建ての賃貸もちゃんと存在しています。一戸建ての賃貸は集合住宅と比べて家賃が高いことが多いですが、その分メリットは多いです。一番のいいところは隣室との距離感です。

マンション住まいでお子様がいれば、必然的に生活音には細心の注意を払う必要がありますが、一戸建てだとそれはありません。きちんと独立した家の中でのびのびと生活をすることができます。また庭がついた家もありますから週末に家族でバーベキューや家庭菜園などもできて、豊かな生活が待っています。

マンションよりもはるか自分好みのライフスタイルを選べるのが一戸建てなのです。

 

まとめ

「新築至上主義」なこの国では家の購入と終の住まいを決めることはほぼ同義。なんらかの事情で持ち家を売りに出しても確実に大幅な損をすることになります。「自分の家が欲しい」という確固たる意思がないのなら、賃貸物件に住み続けるのも選択肢の一つではないでしょうか?

のびのびとした生活、家庭菜園やバーベキュー。一戸建てを購入する人の多くが夢見るその景色。しかし家族が揃ってそんな暮らしをするのは意外に短い期間じゃありませんか?それなら賃貸でも十分なのかもしれませんよ。

この記事をシェアする