二世帯で済む場合に賃貸よりも戸建てが良い理由

「親の老後や孫のことも考えると、二世帯で住もうかな」と考えている方は必見!賃貸にすべきか、戸建てにするべきか悩んでいる方も是非チェックしてみくださいね。

それぞれのメリットやデメリット、二世帯住宅について知っておきたいポイントをお話していきます。特に、戸建てを購入することのメリットについて、細かくご説明していきますので、参考にしてみてくださいね。新築一戸建てを考えている方におすすめ記事です。

賃貸で済ますことのデメリット

では、まず二世帯で賃貸に住むことのデメリットについてご説明していきます。賃貸住宅で、二世帯に対応した住宅はまだまだ少ないです。そのため、二世帯住宅として住む場合、選択肢が狭まってしまうというデメリットが挙げられます。

また、二世帯で同じ家や部屋に住むこと全体に言えるデメリットとして、プライバシーが無いということも気を付けておきたいポイントです。様々な家族の在り方がありますが、二世帯住宅経験者の声を聞いて見ると「姑が過干渉してくる」等の問題も明らかです。特に、夫には知られていないけれど、姑と妻の仲がいまいちよろしくないのであれば、同居という形に近い賃貸は避けておくべきでしょう。

二世帯で住むには、同居以外にも、部分分離や完全分離などがあります。部分分離とは、風呂やトイレなどの一部の施設は共同で使うものの、寝室などは全く干渉されないようにするといったものです。新築一戸建てなどであれば、一階は祖父母、二階は夫婦と子どもというように部分分離も可能ですが、賃貸物件では対応している住宅は一部あるのみで、数はそう多くはありません。

また、賃貸物件は常に支払いをしていかなくてはなりません。二世帯住居を決める際には、夫婦の子どもがまだ小さいため、祖父母に面倒を見てもらうためであるという理由の方が多いと思われます。子どもが小さいうちは問題がなくても、大きくなるにつれて「自分の部屋が欲しい」など要望が出てきた際に、また二世帯賃貸を借りるというのも子どもの進学に差し障りますし、様々な問題が出て来てしまいます。

二世帯住宅の種類

ここでは、二世帯住宅の種類についてたっぷりとご紹介していきます。一戸建て・賃貸についてそれぞれお話していきますので、きっと気に入るタイプが見つかると思いますよ。

まず、一戸建てについてです。一戸建ての二世帯住宅は大きく分けて4タイプあります。まずは、ひとつの家を完全に共用するタイプです。プライバシー空間が少なくなってしまいますが、子どもが小さいうちは誰かが見てくれているという安心感を持てるようです。しかし、生活リズムの違いなどから家族関係が後々にぎくしゃくしてしまうこともあるようですので、家族としっかり話し合わなければいけません。

二つ目は、一階は祖父母、二階は夫婦と子どもというように階段で仕切るタイプです。先ほどご説明した完全共用タイプに比べて、階段で空間が仕切られているため、プライバシーは守られます。お風呂やトイレも別にしてしまえば、生活リズムの違いがあってもそこまで気にならなくなるかもしれません。一部の住宅では、一階は祖父母、二階と三階は夫婦と子どもというようにしているところもあり、階数を増やすことで空間を広げられます。

これまで説明してきた二つは、玄関が一つのため、夜遅くや朝早くの出入りの音が気になってしまったり、風呂場やトイレを共用にすることで、掃除当番などで問題が発生してしまったりすることもあるようです。

次にご紹介するのは、玄関をそれぞれ別にして、一階は祖父母、二階は夫婦と子どもというように分けるタイプです。玄関が別になっているので、出入りの音はほとんど気になりませんし、空間がしっかり区切られているので、プライバシーもバッチリです。

また、二つの家をくっつけるタイプもあります。玄関はそれぞれで作り、内部は全く干渉されないようにしたり、行き来ができるようにしたりなど、汎用性が高い住宅です。

では、次からは賃貸物件での二世帯についてお話していきます。賃貸は大きく分けて二つのタイプがあります。まずは、部分分離タイプです。部分分離は、部屋は祖父母や夫婦で分けて使いますが、風呂場やトイレなどは共用になるというタイプです。これだけを聞くと、一戸建てと変わりないように思えるかもしれませんが、実は大きな違いがあるのです。一戸建ては、部屋の広さが全く異なります。賃貸で部分分離をすると、やはり物音などが気になりやすいようです。

完全分離というタイプもあります。一階は祖父母、二階は夫婦などのように分けているタイプです。一戸建てと条件はほぼ変わりません。玄関が共用かそうではないかを選択することもできるようです。

ここまで、一戸建てと賃貸の二世帯住宅についてご説明してきました。次からは、一戸建てのメリットを一挙紹介していきます。

一戸建てを買うべき5つの理由

一戸建てを買うべき5つの理由をここでご紹介していきます。まずは、賃貸と比べて自由が効くことです。賃貸物件では、浴室やトイレが一つずつしかない場合、個数などを変更させたくでも簡単にはできません。しかし、新築一戸建てであれば、自身の希望を設計士に伝え、また家族ともしっかり相談した上で、一番満足のできる住宅を作成することができます。

二つ目は、ローンの組みやすさです。賃貸ではずっと支払っていかなければいけませんが、一戸建ててあればローンを支払い終えれば大丈夫です。しかも、祖父母・夫婦でローンの支払い方を工夫することで安く抑えられる場合もあります。

三つ目は、プライバシーの保護です。嫁・姑問題が起きやすいのが、このプライバシーでしょう。一戸建てで階数を分けたり、玄関を別にしたりしておけば、プライバシー保護につながり、家族関係を良好のまま保つことができます。

四つ目は、ほどよい距離間です。二世帯住宅を選ぶ方の多くは、小さなお子さんをお持ちの家族です。夫婦が仕事でどうしても子供を迎えに行けなくなってしまっても、祖父母と家が近いのですぐに連絡をして、迎えに行ってもらうことが可能になります。

最後の五つ目、こちらが一番重要なポイントです。これは、「価格」が抑えられることです。一戸建てを建設するお金はもちろん、水道代や電気代など、一緒に生活をするからこそ抑えていけます。子育て世代は何かとお金がかかるものですから、価格は重要ですよね。

まとめ

ここまで二世帯住宅は戸建てが良いのか、賃貸かどちらがおすすめなのかをお話してきました。ご家庭の状況によって異なりますが、それぞれのメリットやデメリットを考慮すると、新築一戸建てを購入することがここではおすすめです。

二世帯住宅は夫婦の子供が小さいころに決めることです。その後ずっと住み続けることを考えてみなければなりません。家庭の事情などがあり、それぞれ折り合いをつけたうえで二世帯住宅にすると決めておかなければ、後々に揉め事になってしまいます。祖父母の方と夫婦でしっかりと話し合い、満足のできる結果になるように住宅について決めてくださいね。