一戸建てを賃貸で貸すときにペット可にすべきか不可にすべきか

一戸建て住宅を賃貸物件として貸し出すときに、建てるときにペットを考慮して建てられた物件ならばよいですが、ペットと暮らすことを想定せずに建てられていた場合、ペットがその物件に住むのに適していない場合があります。賃貸物件の場合は、クリーニング使用は借主が支払いますが、故意でない場合は、修繕費は貸主が負担します。ペット可にした場合、どのような条件をつければよいか、そもそも不可にした方がよいのかを検証します。

一戸建て賃貸物件にはペット不可の物件もある

一戸建て住宅でも自分の所有する家でない場合は、ペット不可という条件がつくことがあります。その場合、オーナーがしばらくしたら、またその家に住む予定があり、動物が苦手だという人が多いです。

また動物がいると匂いが部屋にこもったり、汚れたり床や壁に傷がついたりということがあります。そうなると借主が出て行ってから、次の入居者を探すときに、なかなか決まらないということも有り得ます。きれいな物件だったら、すぐに決まったかもしれないけれど、汚れたり匂いが気になるとして、条件はよいのに、内覧して断られたというようなケースです。

駅から遠い、部屋にほとんど日光が入らない、築年数が経過している、バストイレが一緒で使い勝手が悪い、狭いなど条件が悪くて、なかなか借り手が見付からないときに、ペット可物件になるときがあります。しかしそうでない好条件の場合は、入居希望者が殺到するので、わざわざ可にしなくても借り手が直ぐにつきます。

一戸建て住宅を貸すとなると、メンテナンスもそうですが、入居者が退去した後のクリーニングをしなければなりません。ただでさえ一戸建てのクリーニングは大変なのに、その上動物の跡があって修繕も必要となると貸主の負担も大きいです。ペットを飼う人は敷金を一月分上乗せして支払ってもらったり、過剰な汚れは実費精算してもらうという条項をつけたとしても、全額請求出来るとは限りません。また余計な手間は増やさない方がよいので、不可にするオーナーさんは多いです。

借りる側からしたら、庭付き一戸建てで大型犬と暮らしたいと思って物件を探すので、一戸建て住宅でペット不可の物件はがっかりしてしまいます。借り手側も一戸建て住宅だからといって必ずしもペットを飼っていいとは限らないということを知らなければなりません。

家族が動物アレルギーがあったり、動物が苦手だという人は、ペット不可の条件をつけたほうが良いです。曖昧にしておくと集合住宅ではないので、一軒家はペットを飼ってもよいと思っている人がいるからです。

一戸建て賃貸物件でペット可の物件はどんな部屋?

一戸建て住宅を購入したばかりなのに、転勤を命じられてしまったという話はよく耳にします。その場合、ずっと行きっぱなしというわけではなく、いずれは元の土地に戻ってくる場合がほとんどです。

なので、家を売るよりも、数年したらまた住めるようにするほうが得策です。しかし、空き家として放置しておくと家はすぐに傷んでしまいます。空き巣に侵入されるなどのトラブルも起こりやすくなります。そこで、よその土地にいる間は、賃貸として貸すという選択肢を選ぶ人は多いです。賃貸物件には、定期借家という契約形態がありますので、期限が3年と定められている場合は、2年の定期借家契約とすればよいのです。

あまりギリギリにしてしまうと、クリーニングが間に合わなかったり、改築しようとしたときに間に合わないからです。借り手も直ぐに決まるとは限らないですし。

地方に行っている期間が10年くらいが予想され、戻ってきたら、内装をリフォームしようと考えている貸主の場合、ペット可になる可能性が高いです。自分が住む前に手を入れる予定があるので、自由に使ってもらってもかまわないと考えるからです。特に自分たちがペットと共生する為に建てた家であるならば、庭であったり、床であったり、ペットが暮らしやすい家になっています。

近くに、散歩をしたり、犬が走り回れるドッグランがある公園がある場所は、比較的ペット可の物件が多いです。公園はペットの立ち入りが禁止されているところも多いですが、大きめな公園は、逆にペット専用スペースもあるところもありますので、動物を飼っているお宅も多いです。町全体が動物と共生しやすい設備が整っているところもあります。ペットが入れる公園が近くにある土地の物件は狙い目です。

賃貸物件の一軒家で飼えるペットとは

ペット可の一戸建ての賃貸物件だからといって、何でも動物が飼えるわけではありません。契約の内容にもよりますが、一般的には、犬、猫、うさぎやハムスターなどの小動物、小鳥などです。

中には、爬虫類をペットとして飼育していて、爬虫類が家族だという人もいるかもしれません。しかし、万が一何らかの事情で、飼っているゲージから逃げ出してしまって、屋外に出てしまったら、ご近所中を巻き込んでの大騒動になりかねません。爬虫類の中には、条例で無許可で飼うことを禁止されている種類もいます。

庭で放し飼いなどはもってのほかです。物件自体に許可されていても、犬や猫でも、庭で放し飼いというのはよくありません。大型犬の場合、通りがかる人を万が一噛んでしまったら、野良猫と知らない間に仲良くなって、庭に知らない猫が増えてしまったら、それらは飼い主の責任となります。責任がとれないことはやるべきではありません。

爬虫類も何らかの拍子に逃げ出してしまった場合に、何かしらに危害を加えてしまったときに責任を問われます。物件のオーナーに直接害はありませんが、後々、その家にまたオーナーが住む場合、ご近所さんの目があるので、住み辛くならないとも限りません。

ペットの許可をだす際にも、この動物はよいけれど、この種類はダメだという条件は細かくはっきりと決めておいた方がよいです。後々トラブルが起きることを考えると事前に手間をかけたほうがましです。

とは言え、ペット可といしている物件ならば、一般的な種類の動物は概ね許可が出るでしょう。例えば集合住宅の場合は不可だと言われる大型犬や猫などは、一戸建て住宅のほうが住みやすいです。

熱帯魚や小鳥に関しては、不可といわれている賃貸物件でも、例外的に認められている物件が多いです。可の物件ならば飼うのは問題ありませんが、集合住宅などの場合、うっかり窓を開けておいたら、近所で買われている猫が鳥を狙って窓から入ってきたというようなことも有り得ますので、注意が必要です。一戸建てでも近所の猫が入ってくる場合もありますので、外出時に窓を開けっぱなさないほうがよいです。

まとめ

一戸建て住宅を賃貸物件として貸し出すときに、ペット可にするオーナーは、動物が好きであったり、自分が動物を飼っている人である場合が多いです。場所によって、一戸建てでも飼えるところと飼いにくい地域があります。

ペットを飼っていない人が転勤で家を離れなければならないとき、またその家に住もうと考えていることがほとんどなので、不可になる可能性が高いといえます。また可の場合でも、何でも飼えるのではないので、契約するときに確認した方がよいです。