一戸建てで注意すべきキッチンのトラブルとは

料理という作業を細分化すると、食材の買い出し、調理、配膳、片付けと分けられます。作業の組み立てを機能的に出来る空間を作れば毎日の料理が負担なく出来るようになります。逆に避けたほうがいい点も知っておかなくては新築で購入した家がストレスの原因になることも…せっかくマイホームを手に入れたら暮らしは楽しいものにしていきたいですよね。日々の生活は食事が活力になります。使う頻度の多い場所だからこそよく考えて楽しい食生活を送りましょう!

 

内覧で必ずチェックすべきところ

まずキッチンの形はどんなものがいいのかを考えましょう。一戸建てを購入するのであれば、新築はもちろん、中古であってもリノベーションの上購入することが可能なので好きな形を選ぶことができます。形を選ぶ時に考える必要があるのがコンロ、シンク、冷蔵庫の距離です。3つを結ぶ三角形の辺の合計が510cmで作られていると快適な作業環境になります。

一般的なI型は3つが横並びになっている形です。コンパクトな形でスペースを取らなくて済む反面、スペースを広く取ろうとすると動線が長くなってしまう弊害があります。一方コンロ、シンク、冷蔵庫の配置を三角形にすることのできるL型キッチン、U型は作業効率では最も良い形ですがスペースをたくさんとってしまう傾向にあります。

ある程度の広さがなくてはキッチンがリビングを圧迫することになってしまいます。また、家族みんなで作業することができるアイランド型は料理を通してコミュニケーションがとれ、ホームパーティーなど多数の来客時には重宝します。

反面キッチンが丸見えになるため、コンロなど汚れやすいところを常に綺麗に保つ必要があります。キッチンの形にはそれぞれ一長一短がありますから見た目のよさだけで選ぶと後悔します。どれくらいの頻度でどれくらい手をかけて料理をするのか考えて、適した形を選びましょう。

 

あなたの家電本当に置けますか?

次に考えなくてはいけないのは家電の大きさと配置です。多くの方はもともと持っている冷蔵庫や電子レンジをそのまま新しい家に配置して使い続けることでしょう。料理好きの人であれば、他にもオーブンやミキサーなど沢山の調理家電を持っているかもしれません。

基本的なこととしてコンセントの数は幾つ必要になるのかはしっかり把握しておきましょう。キッチンの家具として冷蔵庫は最も大きいですね。キッチンのどこにおくのか、また置いたとしてちゃんと作業するスペースは保てるのか、通路は確保できているのかまで考慮しなくてはいけません。

理想の配置と作業動線を考えてレイアウトしようと考えるなら、家電の大きさ、現在の作業スペースをしっかり計測して注文をするようにしましょう。

 

キッチン設備で毎日の食事が一気に豊かに!

さまざまな点を考慮する必要があるものの、一戸建てを購入するならキッチンは確実に広くなります。今まで賃貸マンションでスペースが足りずに諦めていたような設備も、一戸建てならおくことができるかもしれません。

食器洗い機は多くの人が一戸建て購入の際に設置して良かったと言います。片付けの作業が格段に楽になりますから時間節約できますね。それだけでなく料理へのハードルが下がり、今までよりも料理をする頻度もおかずの数も増やせるかもしれません。

シンクも自動水栓にすることが可能で、手が汚れている時でも水を簡単に出すことができるので便利という声もあります。設備を自由に選べるからこそ便利な作業場を作るチャンス。好みの設備を導入して豊かな食生活を送りましょう。

 

まとめ

家族の暮らしの活力になる食事。ローン返済のためにも仕事を頑張らなくてはなりませんから、豊かな食生活を送って体力をつけなくてはいけません。料理も食事も家族のコミュニケーションの一つにできます。家族の誰もが使いやすい形を考えて、最も適した形にしましょう。

料理をする頻度は他の家事に比べても高頻度。キッチンはあくまで作業場です。見た目やブームばかりに捉われて日頃の生活にトラブルが起きないよう、自分たちにとって作業しやすいいことが何よりも最重要項目だということはゆめゆめ忘れずに!

この記事をシェアする