一戸建てでもメンテナンスをしないと大変なことになる!

一戸建ては建てる前、建てている間はとても大変です。しかし、意外にも建てた後も大変なポイントがあります。それは、メンテナンスをすることです。建ててしまえばそのままずっと住み続けられるのが理想的ですが、そう上手くいきません。

特に、内装や外装などについては経年劣化が確実に起きますし、築年数によって確認すべきポイントも異なってきます。ここでは、そんな情報をたっぷり提供し、リフォームするために必要な資金などについてもお話ししていきます。

外装の劣化の見分け方や点検方法

外装について、不満をお持ちではないでしょうか。長持ちするようで、すぐに剥がれてきてしまいますよね。しかし「まだいいかな」「いつか塗り直そう」では済まない場合があるのです。外壁は建物の外側を守る箇所ですので、気をつけて手入れをしておかなければいけません。ここでは、まず劣化の見分け方についてお話ししていきます。

自分自身でできる見分け方としては、色褪せの進行具合についてです。建設当初に比べてかなり色が薄くなったと感じるなら、塗り直しを考えてみても良いかもしれません。

次に、ひび割れです。0.3ミリ以下のひび割れであれば、防水の観点としては問題ありません。また、自分でひびを埋める道具などもホームセンターに販売されているので、自身で直すこともできます。しかし、少しでもひびが入っており、そのままひび割れを放っておくと、雨漏りや隙間風などの原因になる場合もあるので要注意です。

何かの折りに外装に触れてみたら、外装の色の粉が手に着いた経験はありませんか?実はそれ、外装の防水加工が失われてしまっているのです。このまま放置していると、雨水が染みてきてしまいます。

このように、雨が染みていくと、建物の内部にまで侵食が進み、より剥がれやすくなってきてしまいます。防水機能もほぼゼロのため、建物の安全性が低くなってしまうのです。カビや苔などの発生要因にもなりますので、劣化が進んでしまいます。

これらの点検方法は目視でできるものから、専門家に確認をしてもらった方が良い場合もあります。特に、雨漏りや染みなどは専門家にチェックをしてもらうと、改善が必要なのか、補修をすれば済むのかどうかが分かるので、専門家に確認してもらうといいでしょう。

内装の劣化の見分け方や点検方法

内装の劣化の見分け方についてご説明します。内装で劣化がわかりやすい箇所は壁紙です。壁紙が剥がれてきてしまったり、雨漏りでしみができてしまったり、カビが生えてしまうことがあります。これらは目で見て分かるので、普段から確認するようにしておきましょう。

また、木造住宅にお住まいであれば、どうしてもシロアリやカビに弱くなってしまいます。内部の柱などが腐食してしまい、地震対策が必要になることもあります。こちらは専門業者による点検が必要です。一定年数でチェックしてもらえるようにしておくと、安心して過ごすことができますよ。

また、屋根裏などに動物が入り込んでしまい、劣化を進めてしまう被害もあります。以前まではしていなかった物音が聞こえるなど、変化を感じた際には自身で確認をしてみるか、業者に依頼して見てもらいましょう。

年数によって注意すべき箇所が異なる

ここでは、年数別にチェックしたい箇所について詳しく解説していきたいと思います。まずは、5年程度でメンテナンスをした方がいい箇所についてです。これには、給湯器を挙げたいと思います。給湯器は5年程度で部品が劣化することがあります。放置しておくと、壊れてしまいお湯が使えなくなってしまいますので、しっかりメンテナンスしましょう。

10年から20年程度でメンテナンスをしておくべき箇所は外装や屋根、玄関のドアやアリの発生、水回りの器具、壁紙などです。外装は特に雨漏りの原因になりやすいので、確認してみましょう。屋根もしっかり確認しておかなければいけません。こちらも見過ごしたままだと、雨漏りが起きてしまいますので、一定の年数で定期的に専門家にメンテナンスをしてもらいましょう。

玄関のドアは風雨にさらされてしまいますので、意外と劣化しやすいポイントです。こちらもひびが入っていないかどうかを確認しておきましょう。もし破損してしまうと、修復するのに時間がかかる点ですので、普段からチェックしておくことをおすすめします。

水回りや壁紙も湿気などで傷みやすい箇所です。匂いやカビの発生が起きてしまうこともありますし、アリなどが発生することもあります。専門家に確認してもらうことで、リフォームすべきかどうかを判断してもらいましょう。

20年以上ではほぼ全部の箇所で部品の交換や張り替え、塗装、本体交換が必要になってきます。自身で判断できる箇所と専門家で判断してもらうべき点をしっかりチェックしておきましょう。

リフォームにはどのくらいかかる?

ここでは、メンテナンス後にリフォームを考えている方向けに費用についてご案内していきます。一戸建てを建て替えるよりは、リフォームをした方が価格を抑えることができますので、一度チェックしてみてくださいね。

まずは、屋根や外壁についてのリフォームです。先ほど説明したように、おおよそ10年程度の間隔で、防水加工や雨漏り防止のために塗装をすることをおすすめします。サービス内容にもよりますが、数十万円ほどで済ませることができます。

このような部分リフォームは約20万円から100万円ほど必要です。業者によって値段設定は異なりますし、自分自身で簡単にできるリフォームはホームセンターに行くと、数千円で購入できることもありますので、問い合わせてみてくださいね。

戸建てでもメンテナンス費用も積み立てるべき

一戸建てでもメンテナンスが必要であることがご理解頂けたと思います。ですので、これからはメンテナンス費用の積み立てについてお話ししていきます。

ローンの支払いを終えるとお金から解放された気分になりますよね。しかし、ここでも忘れてはいけないのがメンテナンス費用です。世の中の皆さんは、月々しっかりと積み立てている人も入れば、ボーナスが入る際に積み立てる方もいらっしゃいます。

積み立てをしていないという方もいらっしゃいますが、いつメンテナンスが必要になるかは分かりません。しかし、一戸建てを建てたばかりの若者世代ではまだメンテナンスをする必要が少なかったり、金銭的に厳しかったりする場合もありますので、できる範囲で積み立てておくと良いでしょう。

住宅を購入した後で、余裕が出てきた頃に積み立てを始めても遅くはありませんので、建設する際にメンテナンスをすることも考えておくことをおすすめします。マンションなどでは住んでいる住民全員で負担するので、費用は比較的抑えられますが、一戸建ては全て自分でやらなければいけませんので、しっかり考慮しておいてくださいね。

0

0

0

0

0

まとめ

戸建てのリフォームについて見てきました。外装、内装の劣化の見分け方や点検方法、年数ごとによる注意点をしっかりと確認しておきましょう。

また、リフォームにはもちろんのことながら費用がかかります。見つかった劣化が思いもしない破損や傷みになっている可能性もあります。そうなったときにまとまったお金が必要になるのは大きな出費を伴います。そのためにも、リフォーム・修繕費として積み立てをしておくことも考えておく必要が出てくるでしょう。