一戸建て住宅の理想のトイレはどんなトイレ?

トイレの場所をどこにするかで、その後の生活のしやすさが変わってくると言っても過言ではありません。ワンルームマンションにおける間取りは、玄関入ってすぐというのが多いです。それは部屋から遠いスペースということなのでしょうが、一人暮らしではそれでよくても、一戸建てで家族で住むとなると、トイレが玄関入ってすぐにあるのは、気まずいです。家族で住む場合の一戸建て住宅では、どんな場所にトイレがあればよいでしょうか。

誰もが使いやすいトイレはどんな場所に設置すればよい?

一戸建て住宅でトイレを玄関前に設置した場合、家に帰って直ぐにトイレが使えるというメリットがありますが、そんな緊急事態的なことは、滅多に起こりません。それよりも、部屋にいてもよおす確立の方が多いです。玄関前のトイレは、玄関に来客があって、家の人が立ち話をしている時に、使用しずらいというデメリットがあります。

キッチンに近い場所は、衛生面を考えると避けたいところです。食事をするスペースからも遠い方がよいです。同じ部屋にあると衛生的に良くないので、廊下側に出した方がよいでしょう。逆にバスルームに近い場所だと、トイレに行ってすぐ洗面所に行けて、手を洗うことが出来るので理想です。となると、バスルームを含め、どこに配置をすればよいかです。

かといって、バスルームの中にトイレを作ってしまうのは賛成できません。ワンルームマンションや外国のユニットバス、ホテルなどではよくある作りですが、衛生的にもよくありませんし、掃除がしにくいので分けたほうがよいでしょう。どうしてもバスルームの湿気がこもってしまうので、カビが発生しやすく、匂いがこもりやすいということもあります。洗面所のドアは一つで、中央に洗面所と洗濯スペース、トイレが右、バスルームが左というように、バスタブから離れたところにあるのでしたら悪くはありません。

では、寝室から近い場所はどうでしょうか。寝室から近い場所は、夜中に目を覚まして直ぐに行くことが出来るので便利です。1階がみんなが集まるリビングルーム、2階に寝室という間取りでしたら、2階にもトイレは必要です。寝ぼけて階段を昇り降りするのは危険だからです。どんなに寝起きがよい人でも、疲れていてつい足を滑らしたということになりかねませんので、寝室の近くに設置することは必要です。

2階に設置して、1階に設置しないと日中が大変になるので、1階にも設置した方がよいです。階段下だと天井が低くなりかねませんので、おすすめしません。階段近くで、キッチンや玄関に近くでない場所が理想です。

また年配の方がいる場合は、年配の方の部屋の近くに設置するとよいです。将来介護が必要となっても、トイレが近くにあれば、遠い場所にあるよりも負担が軽減します。

一戸建て住宅トイレの数はいくつがベスト?

例えば3人以下の家族の場合は、1つあれば充分です。その場合、1階に設置するか2階に設置するかで悩むところですが、たくさんあっても使わないので、ひとつあれば十分といえます。

玄関が同じで二世帯同居の一戸建て住宅の場合は、それぞれの世帯に1つずつあった方がよいです。家族とはいえ、水回りは特に気を遣う事なので、広さの関係でバスルームは二つ作れないとしてもトイレは一世帯に1つずつあった方がよいでしょう。世帯によって生活時間が違うので、親世代の部屋の近くに1つしかなかった場合、夜遅くまで水を流す音がしていたら、安眠できません。生活スタイルの違う世帯とは分けたほうがよいです。

大家族の場合は、同じ世帯でも2つあった方がよいです。朝、会社や学校に行く時間が決まっているのに、1つしかなかった場合、なかなか順番が回ってこなくて焦るというようなことも起こる可能性があります。なので、1階と2階に分けて2つあったほうが便利です。

集合住宅の場合は、水周りの位置は決まっているので、大家族だとしてもトイレの数は決まっています。その点一戸建て住宅は自由に決められます。建売住宅だとしても、建築途中であれば、内装を決めることができるときもあります。

初めての二世帯同居であったり、集合住宅から一戸建てへの引越しであったり、実際に暮らして見なければ、どんな問題点が出てくるか分からないですが、間取りを決めるときに、ある1日をシュミレーションしてから、間取りを決めると、暮らしてみて「こんなはずでは・・・」ということを防げます。図面上では理想なのに、実際に暮らしにくいとなるのは、家族全員の動線を考えていない間取りの場合が多いです。平日、休日の動きを思い出して、図面に反映させると暮らしやすい家になります。

使いやすくていつでも清潔に保てるトイレとは

一戸建てのトイレの窓はあった方がよいです。大きな窓である必要はありませんが、匂いがこもらないように換気窓を作ったほうがよいです。しかし、窓を作ると隣家の玄関から丸見えになるという間取りになる場合は、窓は作らず換気扇を始終回すようにした方がよいです。

トイレの電気を消し忘れるということ、ありがちではないですか。また、汚れた手でスイッチを触りたくないと思う人も少なくありません。電気は、自動で明かりが点くセンサーライトをおすすめします。これでしたら、トイレの電気を消し忘れるということを防げますし、使用後の汚れた手でスイッチを触る必要はありません。

冬になると便座が冷たいのは気になりますよね。常に便座を温めてくれる機能が付いていれば、真冬でも、便座が冷たくてひやっとするということが無くなります。便器も自動でふたが開閉してくれて、水も自動で流してくれる便器があれば便利です。トイレ内にできるだけ触れずに用を足すことが出来ます。水の流し忘れも防げますし、メーカーによっては、自動で消臭してくれる便器もあります。

便器と壁の間が狭すぎて、掃除のときに、便器の奥に手が入れられないという状態であれば、隅の方に埃が溜まってしまいます。その埃に菌などが付着してしまうと衛生的にもよくありません。床を拭くときに、手が届かなくても、せめて掃除用のモップが届くような作りが望ましいです。

収納がなければ、予備のトイレットペーパーや掃除用品がむきだしのまま置かれることになります。見た目にも衛生的にもよくありません。収納スペースは、広い方が望ましいですが、広く取れない場合は、せめてトイレットペーパーの予備が入るスペースをつくりましょう。お子さんのいるご家庭は、お子さんの手が届かないところに、掃除に使用する際の劇薬なども収納できた方がよいです。

まとめ

一戸建て住宅における理想のトイレとは、誰もが遠慮せずに使用出来る場所に配置してあり、清潔に保つことができる場所であるということです。いくら広くても、床が濡れっぱなし、便器も黄色くなっている、常に嫌な匂いがするというような汚い場所では落ち着けません。

掃除がしやすいところであるということ、匂いがこもらないということも重要なことです。トイレは家の中で一人になれる、くつろげる空間なので、快適空間を保ちやすい工夫が必要です。