一戸建て住宅なら壁も床も浴槽もこだわって理想のお風呂に!

注文住宅で一戸建ての家を建てるのであれば、バスルームの大きさも自由に決められます。浴槽は、既成のバスメーカーのものを使うとしても、天井の高さや、壁の素材、洗い場の広さは自由に設計できます。できれば、家の間取りを考えるとき、居住スペースから考えて、最後に残ったスペースが風呂とトイレにしようという風に考えないで、バスルームのスペースは予め確保できれば言うことはありません。後悔しないバスルーム設計についてまとめました。

お風呂に予算はどれくらいかける?失敗しないお風呂の作り方

バスルームに必要不可欠なものは、水道の蛇口、浴槽、シャワーヘッドといったところでしょうか。バスタブの素材は、ホーローや強化プラスチックが一般的です。近年流行のバスタブの形は、横に広く浅いタイプで、足を伸ばして座れるタイプのものが人気です。一昔前までは、一般的な日本の住宅では、ステンレスの素材で、狭くて深いタイプの浴槽がよく使われていましたが、洗い場の床から浴槽の床までが深いため、入浴し辛いなどの点で最近建てられる住宅にはあまり使われていないようです。

足を伸ばして座れるタイプのものは、壁に手すりなどをつけて、お年寄りが一人でお風呂に入る際にも転倒しづらい設計になっていたり、バスタブの底が浅いので、足を伸ばしながらでも半身浴ができるので人気です。段差をつけて、座れるタイプのものが特に人気です。

バスルームに掛ける予算がある人におすすめなのが、人造大理石を使った浴室です。見た目も高級感があり、華やかな浴室になります。また、お手入れが簡単というのが人造大理石風呂人気の秘密です。

浴室は、水を使うので、カビや汚れが付着し易いですが、人造大理石は、カビが生えにくいので、使用後に水を掛けておくだけで汚れも付着しにくいです。人造大理石よりも少し機能は劣りますが、人工大理石のお風呂もあります。こちらは、人造大理石よりも価格は安いですが、長時間お湯をためておくと不具合が出るというデメリットがあります。

また、入浴剤を使う際にも注意が必要です。すべての入浴剤が使えないわけではありませんが、入浴剤の成分で、変色する危険性もあるので注意が必要です。また衝撃にも弱いので、重いものを落としてしまった場合に欠けたり、ひびが入ったりする危険性もあります。

木製のバスタブがお好きな方は、香のよい檜がおススメです。檜は長い年月使用することが出来ます。木なので、お手入れをしないでいるとカビが生えることもありますが、削ってしまえば新品同様で使えます。

浴室の壁につけるオプション、これついててよかったぁ

浴室の壁のオプションですが、鏡が必要か否かでは意見が分かれます。必要は派の意見としては、顔や髪を洗う際に必要だということです。男性で髭をそったり、髪を染めたりする人は、鏡が必要なのかもしれません。女性のメイク落としは、洗面所で落とせるので、浴室ではメイクは落とさないので必要ないという意見もあります。

鏡が必要ない派で一番多い意見は、掃除が大変ということです。鏡が汚れて白いうろこのような状態になるので、それを落とすのが大変なのです。実際お風呂に入るとわかりますが、曇り止めスプレーをしない限り、浴室の鏡は曇ってしまって、鏡の役目を果たさないのです。なので、ないほうが掃除が楽だし外せるのならば外したいという反対派が賛成派よりも多いです。

半身浴をする人は、お湯に浸かりながら、本を読んだり、スマホで動画を見たりする人も少なくないと思いますが、電化製品を浴室に持って入るのは実はおススメできません。感電などの危険を伴うからです。なので、どうしても動画やTVを見たいという人は、壁に小型テレビを設置するのはいかがでしょうか。そうすれば浴槽につかりながら、テレビを見ることが出来ます。夢中になりすぎてのぼせないように注意が必要ですが。

シャワーヘッドを固定する際に、フックをつける人も多いと思いますが、このフック、多くても2箇所くらいです。しかし家族の身長がバラバラでこのフックの位置に悩む人も多いと思います。そんな時は、フックではなく、棒タイプのものにしてみてはいかがでしょうか。ある程度の棒の長さがあれば、この棒のドノ位置にも固定できるので、身長が違う家族の誰でもストレスなくシャワーヘッドを固定することが出来ます。

追い焚きやお風呂の湯量や温度を変えるパネルに呼び出しボタンをつけるのはおススメします。緊急時にはもちろん、シャンプーがない、石鹸がないなどの時にもリビングにいるほかの家族にSOSを出せるので、このボタンは便利です。

一戸建てだからこそ出来るお風呂場の快適空間

冬場にお風呂に入るのが面倒だと思うのは、浴室と部屋との温度差が激しいことではないでしょうか。床のタイルも冷たいし、温かくなるまでが辛いという冬場ならではの悩みがあります。

しかし、床の素材で、冷たくならない素材があるのはご存知でしょうか。マンションや予め素材が決められている家だと床の素材は選べませんが、一戸建てを新築するとなれば、浴室の床の素材は選べます。また、浴室暖房で予めよく室内を温めておくことができます。

冬は、お年寄りのヒートショック現象も心配なので、浴室暖房はあると便利です。最初の一人が入ってしまえば、後は湯気で浴室内が温かいままなので、暖房は切ってもよいのです。最初の一人が一番寒いのです。

お風呂上りは窓を開けて換気しますが、窓が開けられない場合は、浴室乾燥機能をつけると便利です。洗濯物の室内干しも、浴室乾燥機があれば、浴室で出来ます。

浴槽に付いていると嬉しいオプションは、泡の出るお風呂です。ジャグジーのような泡が腰や背中を刺激してくれ、血行を促進させてくれます。スーパー銭湯などによくある機能ですが、家庭の風呂についているとこの上なく嬉しいです。

主婦に嬉しい機能は、掃除が簡単であることです。カビが発生し難く、簡単な掃除で清潔を保つことが出来ればそれにこしたことはありません。毎日のことなので、お風呂掃除は大変です。腰や背中に負担が掛かります。掃除がしやすい構造であれば、こんなに嬉しいことはありません。

大変なのは、浴槽の掃除だけではありません。壁や床にもカビや汚れは付着します。汚れが見え難い造りですと、本当は汚れているので清潔さは保てません。汚れが落ち易い造りのバスルームがベストです。

バスルームの設計を考える際は、実際に使う家族がどのような機能を望んでいるのか、どのようなつくりだと便利なのか、オプションの機能は、この機能があれば便利だとか、掃除のしやすさなどを考えると、実際に使う際に後悔がありません。

まとめ

自分で建てる一戸建て住宅だからこそ、お風呂には壁も床も浴槽もこだわりたいものですよね。使う人の便利さを追求したバスルーム造りで、快適空間が得られます。

浴室の形や広さを確保したら、次は、浴室の中身をバスルームメーカーに見に行きましょう。バスルームメーカーは一つではありません。それぞれの特徴や特色が違います。自分の家族に合ったバスルームを選択することで、お風呂場が、癒しの空間になること間違いないです。