30年以上払い続けるもの!一戸建てを買うならローンのシミュレーションを

住宅ローンはとてもシビアです。もし何かあってお金を払うことができなくなれば、住居を追い出されることになります。生きていく上で寝る場所を失うというのはとても恐ろしいことですよね。その上売却した物件の価格で残高を完済できるとも限りません。一戸建てを手放し、賃貸で家賃を払いながら残ったローンも返済しなくてはならない。恐ろしい状況ですね。下手をすれば自己破産の可能性もあります。予測できない先々のことは当てにしすぎず、堅実に家を購入できるようにシミュレーションをしておきましょう。

 

「借りられる額」「返せる額」

まず家の購入を考えたら、自分たちの世帯収入でどれくらいの価格の家なら購入できるのかを考えましょう。大抵の場合ローンを組むことになりますが、舞い上がって世帯収入の限度額ギリギリで融資を受けてしまうと先々の生活が苦しくなります。いくらまでなら借りられるかではなく、いくらまでなら返せるかで物件価格を考えましょう。

年収に対する「返済比率」は、融資の上限を30~35%、理想を20~25%としている金融機関が多いです。仮に年収400万円で考えると月々の支払いは大体7万円程度に抑えるのが理想です。30年程度で完済とすると大体2400万円ほどで物件を探すことになるでしょう。

一方限度額ギリギリで融資を受けて、4000万以上の家を購入してしまうと、月々の支払いは大体11万円ほどに上がり、負担が4万円も増えてしまうのです。月4万円は生活を圧迫するには十分な額ですね。

 

ライフプランから返済可能額を逆算する

不況によりサラリーマンの年収は上がりにくくなっている一方、家族で暮らしている限り出費は否応なく増えていきます。子供が増えるかもしれない、就学期間に入れば教育費に多大なお金を取られます。今現在の出費だけで家の購入を考えてしまうと先々支払いが増えた時に確実に困窮します。

これから何年後に子供が学校へ行き始めるのか、私立なのか公立なのか、大学まで行かせるのか。先々の出費をしっかり考慮した支払い計画をしなければ、家のために満足な教育を受けさせてあげられないということも起こります。また、自分たちがいつまで働けるのかも大切なことです。

返済期間を伸ばせばもちろん月々の支払いは安く済むでしょう。しかし60、70歳ともなると確実に仕事を退職することになり、収入はほとんど無くなります。その時ローンが残っているという状況は絶対に避けなくてはなりません。

 

貯蓄してから買う?すぐに買う?

住宅ローンは数十年単位で支払っていくことになりますから、しっかり先々のことを見据えて組む必要があります。しかし先々ほんとうに問題なく働けているのか、アクシデントはないのか予測は全くつきません。できることなら負担は確実なことが分かっている今この瞬間に済ませてしまいたいのです。

そう考えると一括で支払って購入してしまうのが一番いいのです。しかし数千万単位のお金をそう簡単には用意できません。ですから出来るだけ購入を検討する前から頭金を貯蓄しておくのが良いでしょう。返済期間が短くできればそれだけ金利も安くすることになります。大体物件価格の2割程度は用意する、もしくは現在の貯蓄額から価格帯を考えることを心がけましょう。

 

まとめ

一戸建てのマイホームで手に入るのは一家が安心して楽しく過ごせる空間です。ですが返済額で無理をしてしまうと、家のために困窮した生活を強いられることになり元も子もありません。子供の将来を考えるならより良い住居を得ることよりもより良い教育を与えてあげることの方が大切です。

より良い思い出を作ってあげるために旅行などにも行けるようにしたいですよね。余裕を持って生活をできるよう、物件価格は慎重に考えましょう。

この記事をシェアする