一生ものの買い物で後悔しない!一戸建ての動線は超重要!

家は生活をするための場所。快適に過ごすために見た目にこだわるのも大事ですが、生活をしやすい間取りにすることはもっと重要です。特に毎日の家事を効率よくこなせる環境づくりは絶対に必要です。家事がやりにくくてストレスが溜まってしまうのは嫌ですよね。せっかくのマイホームです。掃除も料理も洗濯もしっかり行なって快適な住環境で暮らしましょう。あなたのマイホームがストレスの原因にならないために、間取りの注意点をご紹介します。

 

おしゃれなだけじゃダメ!動線を考えたレイアウト

間取りを考える際には生活をしやすいことと家事をこなしやすいことの2点を重視する必要があります。生活しやすさでいえば、朝などは通勤や通学がかさなり、洗面所や玄関に人が集中しますよね。毎朝渋滞が起こってしまえば暮らしにくいですから、玄関の幅は広く取ったり、洗面所は2人同時に使えるたりするようコンセントを二口以上は設置しておく必要があります。

また朝は家事が集中する時間でもあります。主婦、主夫の皆さんは自分の身支度を整えながら朝ごはんや弁当を作って、洗濯を干して…と大変です。キッチン、洗面所、リビングといった作業場は行き来しやすいように回遊動線を作っておきましょう。また身支度をしている人と家事をしている人の動線がかぶっていると生活しにくくなります。

例えば水回りを一箇所にまとめる為に、トイレと風呂と洗面所、洗濯機を一箇所に集中させると人が混雑してしまいます。それぞれの作業場所が被らないように注意して間取りを考えましょう。

 

毎日の家事!洗濯の効率を考える

家事の中で最も大変なのは洗濯でしょう。ほぼ毎日やる必要がある上、洗濯機を回して洗濯物を干して、取り込んで畳んでと手順が多いですね。洗濯機からベランダ、ベランダから収納の距離をなるべく短くして移動に要する時間と手間をなるべく減らしたいところですね。

一戸建てだと多くの場合2階建ですから、階段の上り下りはなるべく必要ない作りにしましょう。洗濯機は1階で干す場所は2階、収納は1階なんて作りにしてしまえば、ストレスがたまって仕方がありません。理想は全て1階で完結するようにすることですね。また前述の通り朝の混雑を避けることも考慮しましょう。

洗面所に洗濯機を設置することが多いと思いますが、それならきちんと3人ぐらいは入れるスペースは必要です。洗濯物を干したいけれど、洗面所に人がいっぱいで入れないというシチュエーションは避けなくてはなりません。

 

日々の暮らしを豊かに!料理をする気になる家に!

次は最も頻度の多い家事、料理のことを考えた間取りを検討しましょう。毎食料理をすることになりますから、キッチンの位置やキッチン内の作りはとても大切です。しっかり効率を考えた配置にしておけば料理をする気にもなり、食事も豊かなものになるでしょう。

料理をしにくい作りにしたばっかりに、毎日毎食冷凍食品なんてことになったら、せっかくのマイホームでの暮らしが台無しです。料理では食材の買い出し、生ゴミの処理のために家の出入りをすることがあります。

冷蔵庫近くに勝手口をつけておくと移動がスムーズになって効率がいいですね。また配膳、片付けの手間を考えてキッチンとダイニングテーブルを横並びに設置するのもオススメ。

 

まとめ

動線を考えてコンパクトな間取りにすることができれば家事へのモチベーションを保つことができ、住環境を快適なものに保つことができます。何十年先迄そこで生活することを考えれば、毎日の移動時間ものの数十秒であっても節約することで大変たくさんの時間を作ることにもなりますよね。

何より苦労してやっと手に入れたマイホームで後悔なんて絶対したくありません。家の間取りはちゃんと考えれば、家族にとって完璧なものにすることはできますから、しっかり話し合って決めましょう。