初めての一戸建てモデルルーム見学の前に知っておきたいこと

マイホーム購入を具体的に計画し始めると、住宅展示場や新しく造成される分譲住宅地などの広告などが目に留まるようになります。

住宅購入は注文住宅を建てる場合と分譲住宅購入とがあります。分譲住宅は完成している物件を土地と併せて販売していて、多くの人に受け入れられやすい一般的な外観や間取りで作られます。

一方注文住宅は住宅メーカーによって外観や工法などに特徴があわれやすく、自分の希望をどう形にできるかを知るためモデルルームの見学に大きなメリットがあります。

モデルルーム見学のタイミングはいつがいい?

そもそもモデルルームはいつ頃見学にいけば良いでしょうか。一般的に注文住宅で一戸建てを購入する場合は、土地も購入するなど自分で用意する必要があります。当然、先に土地を購入してから住宅メーカーや外観その他の詳細を決めるのですが、多くの人が土地の用意ができてから見に行きがちです。

しかし当然注文住宅購入のためには、多くの人が土地を探したり購入したりする必要があるので、モデルルームでも土地探しの情報を多く扱っています。マイホーム購入に際し土地を探す場合は、一度軽い気持ちで展示場を訪れてみても良いでしょう。

上手な土地の探し方のヒントもありますし、希望のハウスメーカーの候補があるなら、そこで相談すると土地探しも請け負ってくれることもあります。住宅を建てるメーカーで土地を一緒に探してもらうメリットに、希望する工法や外観の住宅を建てられる土地探しをしてくれるという点です。

隣接する道路や地盤の状況によっては、自分で購入した土地に、希望のハウスメーカーの住宅を建てられないといいう場合もあります。地盤改良などで別途費用がかかることもあるので、ハウスメーカーに土地探しも依頼することは、とても理に適った方法です。

また具体的にどんな住宅を建てたいのかが決まっていないまま、とりあえずという気持ちで見学に行くと失敗してしまうケースもあるので注意が必要です。

注文住宅を扱うメーカーは、会社により特徴や得意な工法が異なります。主に木造で温かみのある注文住宅を扱う会社があれば、重量鉄骨造が得意な会社や3階建て、2世帯住宅に強い会社などもあります。

制震や免震技術の優れた住宅や断熱性能の高い住宅、また狭小地にも建てられる工法、梁や柱を最小限に抑えながらも建物の強度を実現している住宅、また平屋建てに強い会社など、性能から工法、外観イメージまで様々な特徴があるので、自分の希望する住宅のイメージをまずは絞っていくことが重要です。

外観にしても純和風から適度な和を取り入れ、現代的なインテリアやライフスタイルにもなじみやすい和モダン、またインテリアの趣味や好みがわかってたとしても馴染みやすいシンプルモダン、洋風とたくさんの外観デザインがあります。

さらに洋風と言っても分譲住宅によくある一般的な外観も選べますし、素焼きのタイルやアイアンの手すりなどを取り入れたスパニッシュスタイル、デザイン性を重視した北欧スタイル、また猫足のアンティーク風インテリアやゴージャスな調度品が似合ういわゆる洋館風など、テイストも雰囲気にもバリエーションが豊富にあります。

これだけの工法や外観イメージ、住宅性能のバリエーションがある中で、何も希望やイメージが無いままに見学に行くと、目移りしてしまい案内されるがままに何となく話を聞いて、うまく乗せられてしまうという失敗もあります。

まずはどんな住宅があるのか、ざっくりとでいいので知りたい、こだわりの外観や間取りを実現してくれるメーカーがあるか知りたい、また耐震や断熱など希望の性能や設備を扱うメーカーを知りたいなど、何でもいいので目的や理由を持って見学に行くことをおすすめします。

当日の持ちものはコレだ!

モデルルームというと、各住宅メーカーの商品の特徴を最大限に現した物件がたくさん並び、これからマイホーム購入を前に夢やこだわりを形にしようという人にとっては、胸を躍らせるテーマパークのような場所です。

ほぼ建設を依頼する住宅メーカーが決まっている場合はともかく、これからじっくり検討を始めるという場合は、いくつかのメーカーから様々な話を聞くことになるでしょう。

見学の際にぜひ持って行ってほしいものを紹介しますす。まず基本的に各メーカーにより特長が全く異なるので、きちんとメモできるものは最低限用意していきましょう。さらにノートやメモ帳だけだと、立ったままメモをするのは大変です。バインダー式ファイルなど、下敷きになる厚みのあるものがあると便利です。

他には筆記用具、メジャー、デジカメも持っていきましょう。せっかく行くのなら少しでも多くの情報をもらってきたいものです。ただし、撮影を禁止してきる住宅もあるので、撮影したい場合は事前に営業マンやスタッフに許可をもらいましょう。またたくさんのパンフレットをもらうことにもなるので、少し大きめのパンフレット専用の軽いバッグもあると便利です。

尚、スリッパは基本的に用意されているので、持参する必要はありませんが、マナーの上でもまた床材などを傷めないためにも素足で行くのは避けましょう。

見学までに決めておきたいことは?

いざモデルルームを見にいくと決めたら、それまでにある程度ざっくりでもいいので、知りたいことや見ておきたいポイントを決めておくと、効率よくポイントを絞って見ることができます。

今住んでいる家で使っている家具の中で、新居でも使いたいものがある場合は、サイズも計っておきましょう。モデルルームをそのまま建築するわけではないので、同じサイズの住宅や間取りではありませんが、実際の空間にその家具を配置した場合のサイズ感や雰囲気を確かめることができます。

また希望する外観や工法、間取りなどを家族で事前に話あって、どんな住宅にしたいのかをまとめておきます。ここが不安定だと、全ての住宅が素敵に見えて目移りするままに営業マンに接客されてしまいます。

営業マンとしても、ある程度希望が固まっている客に、より精度の高い情報を与えるのは当然です。こちらの希望をきちんと伝えれば、必要な情報をコンパクトにして与えてくれるものです。

モデルルームは標準仕様ではないことも多い

希望の住宅を建ててくれる住宅メーカーの候補が見つかり、モデルルームをいくつか見ていくと、少しずつマイホームの夢が近くなっていくのを実感します。

モデルルームは実際の生活をイメージしやすいよう、家具や家電、インテリアが配置されています。生活雑貨や小物などもあり、とても素敵な内装イメージにされています。ここで注意したいのは、モデルルルームにはプロのインテリアコーディネーターが付けられ、雑誌やテレビで見るような空間が演出されていることです。

決してこの雰囲気に圧倒されたり、惑わされたりしないよう、気になる点や見るべきポイントはしっかり見るようにしましょう。またあくまでもモデル仕様であり、その住宅メーカーの技術や特徴を端的に見せるための設備で建てられています。そのため標準仕様とは違う設備になっている場合が多いことも忘れてはなりません。

特に床暖房や二重サッシ、ビルトインタイプの食器洗い乾燥機、太陽光パネルなどは、基本的には標準仕様ではないので注意が必要です。また逆にモデルルームには雨戸やシャッターが付けられていない場合がほとんどなので、実際に建てるマイホームとは外観イメージに若干の差が出る可能性も考慮しましょう。

小さい子供も連れていける?

マイホームを検討している時点で、まだ子供が小さいと展示場などへ行くのを躊躇う場合もあります。歩き回りいろいろな物を触ってしまうことを懸念しがちですが、ぜひ小さな子供も連れて家族全員で見ることをおすすめします。

当然最終的な決定は大人が判断するものですが、家族全員が生活する新居をこれから建てるのですから、ぜひ家族で話をしながらそれぞれの希望も口にしながら見ましょう。

まだ小さな子供も、例えば階段のタイプや玄関の土間など、どんなところが危険なのか、またどんなオプションを付けると子供にとって安全なのかを知る機会になります。

走り回ったり、グラスなどの割れ物には手を触れたりしないよう、事前に言い聞かせておきます。必要に応じてキッズスペースやオムツ交換スペースも利用し家族全員で楽しむ場所にして下さい。

まとめ

初めてのマイホーム、特に注文住宅を購入する場合は、住宅の知識を一から教えてくれるモデルルームを訪れるのはとても有効です。しかし何の予備知識もないままでは、ただ情報に振り回され営業マンのキャンペーントークに惑わされ、本当に自分のこだわりたいポイントが見えないままに話が進んでしまう可能性もあります。

そうならないためにも、ここで紹介した事前にできる準備をしてから行き、納得の行くマイホーム作りのヒントを少しでもたくさん手にできるようにして下さい。