一戸建てでペットトラブルを起こさないようにする方法

ペットを飼いたいけれど、マンションだから飼えない、契約条件の関係で飼えないとあきらめていたご家庭では、一戸建てを建てる目的の1つに「ペットを飼いたい」ということもあるようです。一戸建てに住めば近隣とのトラブルなく気楽に飼えると考えられがちですが、一戸建てでもトラブルは起きています。どうすれば回避できるのか、購入する前に是非参考にご覧ください。

 

一戸建てでペットトラブルを起こさないようにしっかりと躾と防音対策をしよう

ペットに関するトラブルで多いのが音の問題や躾の問題が多いそうです。

犬や猫の鳴き声に関する苦情は各地にあるかと思いますが、防音対策をしっかりとしましょう。室内で飼っているのでしたら、防音対策に使える窓やカーテンを設置したり、ゲージにも防音対策のカバーをつける、防音対策がされた小屋やハウスが販売されています。

また、無駄吠えをさせないよう躾をすることでも対策はできます。躾では鳴き声に関すること以外にも、食事やトイレの躾も必要です。犬の場合、飼い主の指示に従わせるための躾を進める上でも食事の躾は大切なようです。

そして、放し飼いにされていることも多い猫の場合、近隣住宅の庭で排泄をすることで苦情に繋がることも多いです。食事やトイレの躾も飼い主として、近隣とトラブルを起こさないよう、注意しましょう。

 

一戸建てでペットトラブルを回避するために排泄物にも気をつけよう

敷地内でトイレをさせるようにしている!という場合でも注意が必要です。ペットを飼っている家族にとっては気にならない臭いでも、飼っていない人にとっては気になることもあります。散歩の際には、排泄物を片付けること以外に、臭いが残らないよう、掃除した後に水をかけるなどをしましょう。家の敷地内でも消臭剤の使用、猫砂の使用などで対策はできます。

そして、室内にトイレを置いているという家庭でも、そのトイレが窓際に置かれている場合、風向きなどによってはお隣にまで臭いがいってしまうということもあるようです。消臭対策と合わせて設置場所についても注意が必要です。

 

一戸建てでペットトラブルを避けるために住んでいる地域のルールや周囲の環境なども要チェック

一戸建てを建てる予定の地域のルールや周囲の環境について事前に確認しておくこともトラブル回避に役立ちます。

最近ではペット禁止の公園や広場が増えています。また、同伴ができる場所とそうでない場所の区別をしている場所もあります。そういった場所が多い地域に一戸建てを購入しても生活が窮屈になるので、候補地から外すべきです。

できるなら、過去にペットが原因でトラブルが起きていないか、飼育する上でのルールがあるのか、そしてそのルールが守られているのかと言う情報も集めておきたいです。

ルールがある地域は窮屈に感じるかもしれませんが、それが守られることで飼育している人もしてない人も良好な関係が築かれている地域でしたら、ペットが少ない地域でも安心して飼えるはずです。

まとめ

ペットとの暮らしを実現させるために一戸建てを購入を考えることは素敵なことです。しかし、一戸建てだからといってトラブルとは全く無縁というわけではありません。散歩をする場合敷地外に出ますし、臭いや音も敷地外にまで影響が及ぶものです。

鳴き声や躾、臭いの対策をすると共に、予め地域の情報を集めるようにしておくことが必要です。ご近所と良好な関係を保ちつつ、ペットとの生活を楽しむためにも、できる対策はするようにしてトラブルを回避する努力をしましょう。