使いやすい平屋の一戸建てにするための注意点は?

平屋と言うと、少し前までは和風な住宅や、高齢になってから建て帰る際の住宅というイメージもありましたが、最近は若い世代にも支持され、自然の中に溶け込む外観やモダンな建物も増えています。

一般的な2階建などとは、そもそもの作りが違うため選ぶ際は注意したい点もあります。メリットもたくさんありますが、デメリットも知っておくことで、老後も快適に過ごせる空間作りができます。

平屋にするメリットは何?

現在の主流の住宅は2階建てや3階建てが多く、特に都市部などをはじめ限られた土地を有効に使うことができる点で人気です。1階にはリビングやキッチン、水回り設備、2階に子ども部屋や寝室を配置する間取が一般的ですが、もし土地に余裕があれば広い平屋の一軒家に住みたいという願望は、意外と多くの人が持っているのではないでしょうか。

少し前までは和風の建物が多く、いわゆる古民家のようなイメージを持つ人も多いですが、日本家屋風以外にもロフトや吹き抜け、中庭などを作ってモダンな雰囲気にすることもできるデザイン性の高い住宅です。

また1階にキッチンやリビング、水回り設備など全ての設備があるため、生活動線や家事動線が短く、移動や家事が効率的です。2階建てでは当たり前の家も多い、洗濯物を干すために2階のベランダへ行き、乾いたら畳んでそれぞれの部屋へ片付けるという一連の作業も、ワンフロアで行うことができます。洗濯機のそばにランドリースペースや収納スペースなどを設ければ、ほぼ移動することなく全ての工程が完了します。

このように洗濯やキッチンでの調理や作業は毎日のことで、毎回ほぼ同じ動線で動くため移動距離が短いほど楽になります。さらに整理整頓や片付けもわざわざ上の階へ片付ける必要がなく、掃除の際も掃除機を上の階へ運ぶ手間がなく楽に掃除ができます。

また階段がなくワンフロアで全てを完結できるため、将来的に足腰や健康面に不安が出てきた場合や車いすでの生活も安心です。構造的にもシンプルで、生活環境やライフスタイルの変化に伴うリフォームにも適しています。

安全性の面でも、2階建てなどの高さのある建物よりも構造的に丈夫で、また避難もしやすく、地震や台風の多い日本には有利な構造と言えます。

他にも建物の中に平面的な広がりを感じることができるので、広く感じ開放的な空間を演出できるのも魅力です。

平屋を選ぶ際に注意したいことは?

家事動線の効率化や開放的な空間作りなど、たくさんのメリットがある一方で、平屋の一戸建てを検討する際に注意しておきたい点もあります。

子供たちが独立し、夫婦2人だけで余生を過ごす小さな家を求めているならともかく、子供たちや両親も同居するとなるとそれなりの広さが必要です。仮に2階建てと同じ面積を求めようとすると、敷地もかなり広く必要があります。

狭小地や都市部などでは実現するのが困難、もしくは相当難易度が高くなったり、工夫が求められるでしょう。またある程度の広さが確保できた場合でも、2階建てに比べて建築費用が高くなる可能性があります。

建築費の中でも大きなウェイトを占めるのが、基礎工事と屋根ですが2階建てと比べると、必然的に基礎工事をする面積も屋根も大きくなるため、建築費が高くなることもあります。

また屋根と住居部分が近いため、室内を快適な温度に保つためには屋根の断熱対策を万全にしておく必要があります。特に空間を有効活用するため、屋根裏をロフトにするケースなどは、屋根からの熱の影響を受けやすく、夏などは暑くて過ごせないスペースになる可能性もあります。

家族との距離感が近くコミュニケーションが取りやすい反面、プライバシーを確保しにくいという難点もあります。パーティションやアコーディオンカーテンなどを利用し、他の家族からの視線をシャットアウトする工夫が必要です。

他にも近くに住宅や建物が建つと、日当たりや通風が悪くなりやすいというデメリットもあります。住宅に対して広さのある土地を確保できる場合や、隣の家とある程度の距離を保つことができる場合には適していると言えます。

子育て世帯や高齢世帯におすすめの間取りは?

少し前までは平屋というと、高齢になり階段の昇り降りが不安になった夫婦が建て替えるものというイメージもありましたが、最近では若い世代や子育て世帯にも少しずつその魅力が浸透してきています。

若い世代や子育て世帯から定年後の余生を過ごすシニア世代まで、それぞれの世代によって快適に過ごせる間取りや生活スタイルが異なります。それぞれにおすすめの間取りの一例を紹介します。

例えば若い夫婦世帯の場合、将来的に子供が生まれることを想定し、夫婦の寝室の他、子供部屋を用意しておきます。子供が生まれるまでは夫婦の趣味のスペースとしても利用できます。

共働きであれば家事動線を意識した、コンパクトな配置も取り入れましょう。バスルームや洗面所、ランドリースペースを集中させることで、忙しい朝も身支度をしながら洗濯をすることができます。

また子供のいる家庭なら、玄関を入ってから子供部屋へ行くのにリビングやキッチンを通る間取りにすることで、子供が成長した時にも自室にこもりがちになるのを防く効果があります。またリビングに学習スペースを設けることで、話題のリビング学習を習慣付け、自然と家族の会話も増えます。

思春期近くの子供で、家族との距離もある程度確保したいなら、玄関から直接子供部屋へ行く間取りも良いでしょう。その場合もリビングにスタディコーナーを設け、子供が自然とリビングへ来る環境を整備しましょう。

そして子供が独立した後の夫婦2人の生活を楽しみたい場合は、実用的かつ近い将来のライフスタイルを見据えた実用性のある間取りが理想です。寝室とトイレを近いところに配置し、リビングは広めに、また子供たちが孫を連れて帰省した場合にも楽しめるよう、ダイニングスペースやウッドデッキなどにこだわっても良いでしょう。

モダンでおしゃれな外観にするコツは?

平屋建ての一戸建てはシンプルな造りだからこそ、工夫次第でおしゃれな外観や雰囲気を演出できます。和風の雰囲気も素敵ですが、モダンな印象も人気が高く、個性を表現できる部分です。

まず、おしゃれな雰囲気やこだわりを表現しやすいのは外観でしょう。外観は道行く人の目にも触れる機会が多く、第一印象を決定付ける要素がたくさんあります。白や黒1色の外壁や大きな窓もおしゃれな見た目にするポイントです。

土地の広さに余裕があるなら、必ずしも建物を長方形にする必要はありません。ゆるやかなカーブやL型なども素敵で、窓を大きく取りそこから漏れる光と外観が作る雰囲気はやわらかで、辺りが暗くなると幻想的な雰囲気を作ります。

2階建と比べて窓が大きくなりがちなことから、防犯面が気になる場合は、通りに面した部分や外部は壁面を多くとり中庭や吹き抜けを大きく取ることで室内を明るく保つ工夫もできます。

また構造がシンプルなため、ドアや窓などのパーツも目立ちやすくなりがちです。玄関ドアは建物全体の雰囲気に合うものを選び、アクセントにしたい場合もできるだけ馴染みの良い素材や色を選ぶようにします。

長い時間を過ごす内装や間取りも需要な要素となります。解放感のある平屋を、より快適にする方法としてリビングの一部に一段低いスペースを設けるのも、平面的な室内にメリハリをつける工夫のひとつです。また梁や柱を敢えて見えるようにすることで殺風景になりがちな内装に動きを出すことができます。

いずれにしてもある程度の広さの土地を確保する場合が多く、自然と一体化した雰囲気や緑に溶け込むような外観にしやすいでしょう。周囲の環境や雰囲気を最大限に活かした平屋作りをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

結婚、子育てを経て子供たちが独立した後は、また夫婦2人の生活が始まります。それを見越して若いうちから平屋の住宅を持つのも良いでしょう。

構造もシンプルな平屋は長く住む内に変わるライフスタイルに応じて、リフォームもしやすいという利点があります。長く愛着の持てる家にするため、注意点を理解し快適でおしゃれな平屋作りをしてみてはいかがでしょうか。