憧れの吹き抜け!一戸建て住宅に作るならどんなことに注意すべき?

吹き抜けのある一戸建ては風通しや日当りがよく、明るい空間や開放的な雰囲気が魅力です。これから一戸建てを購入する人の中にも、解放感があり明るい住宅を手に入れたいと考えている人もいるでしょう。

メリットがある一方でデメリットもあります。快適で長く愛せる住宅にするためには、憧れだけでは見過ごせない点もあるため、後悔や失敗の無いよう、取り入れる際の注意点を知っておきましょう。

吹き抜けを作るメリットは?

吹き抜けは1階の天井を無くし、上階までをひと続きにした空間のことで、リビングや玄関などに設けることで、解放感のある空間を作ることができます。

見た目にもおしゃれな雰囲気にすることができるため、マイホームに取り入れたいと考える人も多いと思いますが、スペースを余分に取ることもありどうすべきか悩むポイントにもなります。

一番のメリットは、家の中が明るくなることです。1階の天井が無く2階までがひとつの空間になるため、天井が高く様々な角度から採光できるため、家の奥の方にまで太陽の光を取り込むことができます。

玄関や廊下など、日中は照明をつけていないと少し薄暗くなるようなところも、2階の天井部分に設けた採光窓からの光を利用して、日中はほぼ照明を利用せずに過ごすこともできます。

さらに1階部分の天井が無いことによって視界が開けるので、さほど広い面積の取れない住宅でも解放感があり、限られた空間を広く感じることができます。また同じ理由で1階から2階にかけて風の流れを作ることができます。窓を上下にうまく配置したり、シーリングファンを設置したりすることで、家全体に風を回せます。

そして例えばリビング設ければ、家族同士がお互いを近くに感じ、顔を合わせやすい雰囲気になります。子供の様子や高齢の両親の様子を伺いながら家事をすることもでき、何かあった時や家族のちょっとした変化にも気づきやすくなります。

吹き抜けを作るデメリットこそきちんと知っておくべき

家をおしゃれで明るい空間にしてくれる吹き抜けにもデメリットが当然あります。どんなことがデメリットとなるのかを把握し、カバーする工夫やアイディアを持つことが、後悔をしないために必要です。

最も代表的な失敗例は、冷暖房効果が悪く光熱費がかかることです。1階の天井が無いことで、部屋の体積が増えるため必然的に冷暖房効果は下がります。また温かい空気は上へ上がるため、シーリングファンやサーキュレーターなどで空気を攪拌する工夫があると良いですが、前提として断熱性能の高い家作りをするべきでしょう。

信頼のできるハウスメーカーや工務店に依頼し、自分の目で断熱施工工事を見学させてもらうなど、長く快適な生活を送るためには手を抜きたくない部分です。

また採光を目的に吹き抜けの2階部分に窓を設けるのが一般的ですが、明るい光がたくさん取り込める一方で、夏には暑い空気も入り込み特に2階部分に熱がこもってしまいます。

窓部分には庇や深い軒を作ったり、窓にカーテンやブラインドをつけたりして、夏は強い日差しを適度にシャットアウトし冬は暖かい光が部屋の奥まで入るようにしましょう。

2階部分の床面積が減り、作れる部屋数が少なくなるデメリットも考慮しておきましょう。それぞれの子供に各部屋を与えたい場合や、両親との同居などで部屋数を確保したい場合には、じっくり検討しましょう。

他にも1階と2階がつながっているため、1階からの音や匂いが上の階へ流れやすいことも考えておきましょう。音については部屋の配置を考慮することである程度解決できます。

匂いもキッチンのそばに吹き抜けを作ることを避け、換気力の強い換気扇の導入や定期的なメンテナンスをして匂いが出にくくなるようにする他、空気の流れを作り、2階に匂いが上がっても外へ抜けていく通り道を作っておくことである程度解決できます。

最後に天井が高くなることによるメンテナンスの難しさがあります。シーリングファンを設置した場合も掃除や故障などによるメンテナンスは、場合によっては自分で行うのは困難です。電球の交換なども含め、ハウスメーカーのアフターサービスが利用できるかどうかを事前に確認しておきましょう。

作るなら家の南側の大きな吹き抜けにしよう!

いざマイホームに吹き抜けを作ることを決めたら、どこに作るのかをじっくり検討しましょう。メリットを最大限に活かしつつデメリットをカバーできるものにするためには、作る場所も重要です。

一般的に作るのをやめた方が良いとされているのは、玄関の上です。玄関の土間は断熱性能が低いため、家全体が寒くなるリスクが高い上、仮に玄関付近を明るくできたとしても、玄関はリビングや他の部屋と比べて人が過ごす時間が極めて短い場所です。それならリビングに設けて部屋全体を明るくする方が、効果は高いでしょう。

また中途半端なサイズにした場合も、結果的にごちゃごちゃした印象を与え部屋をすっきり開放的に見せる効果が得られません。特に1階と2階の床面積が異なり、吹き抜けにした2階の外壁部分が1階の外壁より内側になる場合、1階は部分的に天井があることになります。そうすると解放感も中途半端になってしまい、窓から入る光の角度もずれてしまい残念な間取りになります。

採光や通風などを全てを考慮するなら、家の南側に大きな吹き抜けを作ると良いでしょう。しかしこの場合、特に夏の間は午前中は強い日光が入るため、窓にはカーテンやブラインドなどを付けて、明かりや光をコントロールできるようにします。

冷暖房効果を高める工夫が必要!

先にも述べたように、吹き抜けのある家は冷暖房効果が低く、寒くなりやすいというイメージがあります。当然1階と2階を隔てる天井が無いことで部屋の体積が大きくなるので、冷暖房を付けても効果が行き渡るのに時間がかかります。

そのための対策として、家の断熱をしっかりするということが前提となり、最も重要な部分です。きちんと断熱工事をされた住宅なら、部屋の位置による日当たりの加減で多少の差はあるものの、暖房を付けて一度部屋全体が暖かくなれば、その効果は断熱材によって保たれるので寒いということはないでしょう。

仮に玄関に作った場合は、土間部分から冷気が部屋全体に回り寒さの原因になるため、土間に床暖房をつけるなどの対策が必要です。他にも寒さ対策をさらに強化したい場合には、部屋に床暖房を敷くことも検討しましょう。シーリングファンは暖まった空気を回して下に落とすのが狙いですが、床暖房なら足元から暖まっていきます。

床のフローリングに仕様する材料も、松や杉などの冷えにくいものを使ったり床暖房対応の無垢フローリングにするなど、対策できることはあります。ただし快適な住空間を作るのには、それに対応する設備の導入など余分に費用がかかることも知っておきましょう。

まとめ

憧れのマイホームに吹き抜けを作るのが夢という人も多いでしょう。しかし憧れだけで何となく作ってしまうと、快適とは言えない空間になってしまったりえ、メンテナンスが大変になったりという後悔につながります。

掃除や照明器具の交換などのメンテナンスや空調設備などに、費用がかかることや床面面積が減ってしまうことなど、デメリットにも注意した上で本当に作りたいかどうか検討しましょう。