一戸建ての購入を計画的に!フラット35ローンを利用しよう!

ローンを組むときには現在の収入がいくらなのか以外にも収入の安定性、過去の借金なども審査の対象となります。稼ぎがよくともフリーランスや自営業、経営者というのはサラリーマンと比べて信用が低く見られる傾向にあり、住宅ローンは組みにくいものなのです。一方フラット35ローンでは年収基準さえ満たせば審査が通ります。また固定金利なので、先々の支払いも計画が立てやすく安定した返済をすることが可能です。ただ人によっては通常のローンを適用した方がいいことも!制度の内容を細かく見ていきましょう。

 

フラット35ローンってどんな制度?

一定の耐震強度、省エネ設備の基準を満たすことで適応可能なフラット35ローン。審査の対象が収入よりも住居に厳しいこと、金利が固定であることが特徴です。独立行政機関が誰でもマイホームを手に入れられるようにするために融資をしている敷居の低い住宅ローンです。

民間の金融機関でローンを組むと将来の社会情勢によっては金利が繰り上がる恐れがあるため、不意にローンの支払いが上がる危険性がありますが、フラット35なら固定金利ですから安心です。また住宅基準が厳しいので安心安全な家に住むことができるのもメリット。

さらに厳しい住宅基準を満たせば、借り入れ金利を一定期間下げることのできるフラット35Sを適用することが可能になります。少々値がはっても質の高い住居を選ぼうと考えているなら是非適用しましょう。

 

フラット35ローンを適応した方がいい人

民間のローンでは審査の通りにくい、低収入の方や自営業の方でもローンを組むことができるので適応を検討した方がいいでしょう。転職間もない方も安定性の面から民間のローンでは審査を通りにくいので向いています。また、将来的に自宅を賃貸物件として貸し出す予定がある方にもオススメです。

民間の金融機関では自宅として購入することを前提に住宅ローンを組むことになるため、賃貸物件にする場合には完済、もしくは条件の変更が必要になります。フラット35にはそのような制限はないため、他人に貸し出しても同じ条件で返済を続けることができるのです。

金利をリサーチして予測を立てる必要もなく、しっかり確定した支払い計画を立てられる。住居に対して不安を感じたくないなら絶対にフラット35です。

 

注意!フラット35ローンのデメリット

注意が必要な点が二つ。まずフラット35にすれば必ずしも月々の支払いが安くなるわけではありません。フラット35ローンでは団体信用生命保険の加入が任意になるからです。民間の金融機関でのローンであれば無料で加入できるところもあるので、団信ありのフラット35の返済額と比べる必要があります。

自分の身に何が起こるのかわからない以上、家族を路頭に迷わせないためにも団信の加入は絶対しておくことをお勧めします。また収入に対する審査が甘い分、物件への審査は厳しいです。物件検索サイトで東京の新築一戸建てを条件なしで検索すると15000件以上見つかりますが、フラット35適用で検索すると2000件程度に絞られてしまいます(2019年3月26日現在)。

実に全体の12%と非常に限られた物件になりますので、検討するなら初めからフラット35適用の物件で探す必要があるのです。

 

まとめ

住宅ローンの敷居をぐっと下げてくれる制度、それがフラット35ローンです。中々審査に通らない方、頭金をあまり用意できない方でそれでも若くて働ける期間の長いうちに住宅ローンを組んでおきたいなら、適用することをオススメします。

住宅ローンはなんといっても支払いを老年期まで伸ばさないことがポイント。働けるうちに完済するためにも早い段階で家を購入しておいた方がいいのです。固定金利なら計画も立てやすいですから、是非適用して早期のうちに支払いを始めておきましょう。

この記事をシェアする