色のマジック!一戸建てで快適なキッチンにするには?

キッチン色は年々おしゃれなものが増え、一戸建てを建てる時は料理を行なう人の好みに合わせることが可能となりました。しかし、おしゃれな色だからと言って、快適なキッチンになるとは限りません。

掃除がしにくかったり、照明との関係であったり、実際にその色にしてから分かる苦労も多くあります。キッチンを快適にするためには、メリットとデメリット部分を把握して、目的に合わせた色選びを行なうことが重要です。今回はそれぞれの色の特徴についてご紹介していきます。

定番カラーと人気カラー

キッチンと言えば白を基調としていることが多いです。シンプルでスッキリした印象なので清潔感があり、目にも優しいため定番カラーでもあり人気カラーでもあるのです。光を効率良く反射できるので、少ない光でも明るく見えるのも特徴です。

木目調のカラーもフローリングとの相性が良いため人気のカラーの1つとなっています。ナチュラルテイストで暖かい雰囲気が生まれ、落ち着きのある空間を作れるのが特徴です。ただの茶色ではなく木目調は植物と同等の視覚的効果をもたらしてくれるため、気分を落ち着かせることができ、快適に料理を行なうことができます。

パステルカラーは可愛らしい雰囲気を作ることができるため特に女性に人気が高いです。パステルカラーは白同様清潔感あるキッチンを演出できるのが特徴です。

おしゃれで個性的な色はキッチンを華やかに

定番や人気カラーから外れていても、自分の好きな色でキッチンを彩ることも快適に過ごすためには大切です。青や青紫といった寒色や濃いカラーは重量感があり高級感を演出できるのでオススメです。

他の家と差を付けるために珍しいカラーを選択することも1つの手です。あえて定番カラーから外すことで個性的なキッチンを演出できるので、人を呼んだ際に印象深くできるのも利点です。

1つのカラーに絞れない場合はツートンカラーを選択すると良いでしょう。例えばパステルカラーのピンクと人気の茶色を組み合わせて、イチゴチョコのような雰囲気を作ることも可能です。単色だけでは出せない華やかさで彩ることができるのも特徴であり、それぞれのカラーの良い所を取り、個性的なキッチン作りができるようになります。ただし、カラーの相性をしっかり考えて組み合わせなければ部屋のカラーバランスが大きく崩れるので、ツートンカラーは特に注意が必要となります。

また、カラーだけでなく材質や模様でキッチンを彩ることも可能です。扉の材質が木材かステンレス、セラミック、人工大理石かによって見た時の印象も大きく変わります。カラーと材質の組み合わせでよりデザインの幅も増えていきます。

模様を使用するとより個性的な空間を実現できます。カラーとのバランスを考えることでポップな空間や、高級感溢れる空間へと変えることができます。一戸建てを建てる際であれば、自分のイメージする空間を作り出すことができるので、様々な組み合わせを考えてみましょう。

それぞれの色のメリットとデメリット

定番の白は清潔感を演出できる他に、狭いスペースでも空間を広く見せる効果があるのも特徴です。解放的な空間を作れることで窮屈な気持ちにならず料理を行なうことができるようになります。また、白は様々な色と相性が良いのもメリットの1つです。家電の色とも合うため、統一性が生まれるのも人気がある理由です。

そんな定番カラーの白ですが、汚れが目立つというデメリットがあります。料理では様々な調味料や食材を使うため、多くの汚れが飛び散ります。汚れの目立つカラーではこまめに掃除をして清潔感を保つことが求められるので、掃除嫌いの方には不向きと言えます。

暖かい雰囲気を生み出せる木目調は自然に近いカラーで落ち着けることがメリットです。木目が汚れを目立たなくしてくれるので、日頃のメンテナンスが楽になるのも特徴です。しかし、白と異なり空間を広く見せるのが困難になるのがデメリットです。フローリングと相性が合いますが、それ故に空間にメリハリが生まれなくなります。木目調を選ぶ際は、フローリングの色と同じにならないようにすることが求められます。

パステルカラーは柔らかい印象の空間を生み出すことができ、ピンクやオレンジ、グリーンなどバリエーションが多いのも特徴です。明るく華やかになるので料理が楽しくなるのもメリットです。白同様に汚れが目立つのがデメリットで、こまめに掃除を行なうことが重要です。

高級感を演出できる寒色系や黒などの濃い色は一見汚れが目立たないように思えますが、実はこれも汚れが目立つ色となっています。油汚れや水滴など、白くなる汚れを際立たせてしまうので注意が必要です。しかし、メリハリのある空間を生み出すのに最適なため、フローリングが明るいカラーの場合はメリットが多くなります。落ち着いた洗練された雰囲気が好みの方にはオススメできるカラーとなっています。

キッチンの色選びに注意するべきこと

キッチンの色選びを失敗しないためには念入りなカラーシミュレーションが必要不可欠です。床や壁、家の内装との相性を考えて決めることが重要です。

家を建てた後、家具と異なり壁や床は簡単に交換ができません。インテリアや家電とキッチンのカラーがちぐはぐになっていると快適な環境とは言い難くなります。家全体が木目調なのに、キッチンだけ個性的なカラーをしていると浮いた状態になります。特殊なカラーは家の統一性を欠いてしまうので、どうしてもそのカラーを使いたい場合は部屋全体に溶け込めるかしっかりと確認する必要があります。

部屋全体に対してキッチンがどれだけの割合を占めるかによって、色が与える印象も大きく変わってきます。統一性も重要ですが、キッチンが狭い場合では全体を濃いカラーで統一すると、圧迫感が増してより狭い印象に感じてしまうので注意が必要です。

キッチンが占める割合が多い広い空間でも濃いカラーで統一するとカラーの印象が強くなり、部屋全体に圧迫感が生じてしまいます。広い空間であれば、濃いカラーはアクセントとして活かすことができるので、カラーをどの部分にどのぐらい使用するかもとても重要となってきます。

また、フローリングが明るい場合、キッチンを同じ明るい木目調にするとメリハリがなくなります。暗い木目調を選ぶと空間に引き締まりが生まれますが、濃すぎないのも重要です。フローリングとのカラーバランスを考えて選んでいくようにしましょう。

まとめ

キッチンを快適に過ごすにはカラーがとても重要です。キッチンだけが浮かないようにフローリングや壁に合わせてカラーを選ぶようにシミュレーションをしっかり行ないましょう。

それぞれのカラーには特徴があり、定番や人気カラーが何故選ばれるのか、しっかり考えることが必要です。汚れが目立たない、掃除がしやすいなどのメリットから、家の雰囲気に合わないなどのデメリットも知っておくことが大切です。カラーの特徴を理解して、一戸建てを建てる時に失敗しないようにしましょう。