一戸建て新築を購入する方必見!新築のメリットとデメリット

人生で一番大きな買い物と言っても過言ではない一戸建ての購入。新築の一戸建てを購入したいと思っていても、メリットとデメリットが気になってしまいますよね。新築と中古、どっちを購入したらいいのかなと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。少しでも悩みを解決できるように手助けしたいと思いますので確認しておきましょう。

新しい以外にも一戸建て新築にはメリットがある

新しいという事以外にもメリットがあるのを皆さんは知っていますか?新築のメリットイコール新しい事、と思っている方が多いと思いますが、それ以外にも様々なメリットがあります。

建物だけでなく、使用されている機器が最新である場合が多い事です。ただし、オーナーによっては最新機器を導入していない場合もありますので注意が必要です。

また、新築とは一般的に築20年以内である場合が多いため、修理費用があまりかかりません。税金が数年間半額になったりするなどの制度もあるそうです。

一戸建て新築=デメリットはないというイメージは捨てよう

デメリットなどないんじゃないかと思われがちですが、中古とは違い、個人ではなく不動産が直接売りに出しているため、高額になってしまう傾向があるようです。

また、全ての工事が終了してから売りに出すのではなく、工事をしている真っ最中の段階で売りに出されることもあり、内部を全て見る事ができない場合が多いです。そのため、入居後にイメージと少し違ったなと思ってしまう方もいるようです。

先ほど説明したメリットだけでなく、デメリットも理解した上で新築を購入するか、中古を購入するか決める事をおすすめします。

一戸建て新築と中古買うならどっちがいい?

一戸建てのメリットとデメリットについては知れたけど、結局新築と中古ならどっちがいいの?と思われるかもしれませんね。もしも4000万円ほどのマンションを購入した場合は、様々なコストを考えると中古で買った方がいいと言われています。

住宅の修理が多く必要な場合は、中古よりも新築が安いという場合もありますので、購入金額だけでどちらにするか決めるのではなく、全体的に見てどちらが安いかを計算して決めた方がいいと思います。

ちなみに、自分好みに全てリフォームを行いたいという場合は中古の方が安いですが、間取りなども完全に変更する場合は、高額な費用が必要となります。どのような家が希望なのか、ご家族できちんと事前に話し合って、新築の一戸建て購入か、中古一戸建て購入か決める必要があると思います。

どうしても購入した一戸建てが気に入らない場合は、購入した物件を売り、買いなおす方法もあります。

まとめ

新築物件は建物が新しい事以外にも、最新機器が導入されている可能性が高いという利点があります。また築20年以内ですから修理コストがあまりかかりません。税金面でも、住んでから数年間は税金が発生しないという制度などがあるため、利点だと思う方も多いかと思います。

一方で、個人が物件を売りに出しているのではなく不動産が売りに出している場合がほとんどで、購入金額には様々なコストの代金が含まれており、自然と高額になってしまいます。また、物件が売りに出ている段階では実際に購入する建物が完成していない事も多いため、その場合はモデルルームで確認するしかありません。

リフォームや立地条件にこだわりがないのであれば、中古物件で十分という場合もあるかもしれませんね。

この記事をシェアする