一戸建てのキッチンの種類ってどんなものがあるの?

主婦や主夫の方がこだわる個所といえば、キッチンですよね。キッチン一つが変わると日々の家事が時短できたり、快適になったりするのでとても重要です。

いつかリフォームがしたいと思う方や、近いうちに違うものを導入する予定の方向けに一、戸建てのキッチンにはどんな種類があるのかについてお話ししたいと思います。

一戸建て対面キッチンと壁掛けキッチンの種類

古くからあるタイプの壁掛け型は、年代に関係なく、ほとんどの家庭で導入されています。導入されている数が多いという事はそれだけ需要があるので、安くなっています。リフォームしたい方や新たに導入したいと考えている方にとっては、経済的な負担を軽減する事ができて嬉しいポイントです。

壁掛け型は壁に向いて設置されていますが、対面型はリビングなどの方に向いて設置されています。一戸建てだと壁などを自由に活用できますし、広いスペースに設置できるためおすすめです。

コミュニケーションを重視したいなら、対面型を導入すると良いでしょう。逆に一人でコツコツと家事をしたいなと思う方は、壁掛け型が良いのではないでしょうか。

一戸建てアイランドキッチンと独立キッチンの種類

アイランド型は、壁に面していないため、どの方向からでも見る事ができます。対面型と混同されてしまうかもしれませんが、対面型は正面からしか見る事ができませんので、どの方向からでも見えるアイランド型とは異なります。

壁掛け型とは違いお洒落なデザインが多いアイランド型ですが、特殊なため、換気扇など従来のものが使えなくなる事が多く、設備の交換などの代金が通常よりも高くなってしまうかもしれません。

独立型は、一つの部屋にテーブルがポツンと置いてある感じでキッチンが置いてあるものです。一つの部屋の中の好きな場所に設置する事ができますし、調理している最中に発生する煙やにおいなどシャットダウンする事ができます。

一戸建て対面キッチンと壁掛けキッチンの違いは?

対面型と壁掛け型では、やはり費用の違いがあります。壁掛け型は一般的で、多くの人に使われているため費用を安くする事ができます。リフォームをする際にも、元々あった壁掛け型のもの交換するだけですので、金銭的負担が少ないです。

一方対面型は、壁掛け型よりも費用が高くなってしまいますが、近年人気があるのはこちらです。

壁掛け型は言葉の通り、壁の方向に設置されていて、場合によって客人に見られてしまいますが、対面型は正面から以外は基本的に見えませんので、主婦・主夫の方の好みに合わせたレイアウトにする事ができるかもしれません。住宅の状況に合わせて、対面型にするのか、壁掛け型にするのか決めましょう。

家族構成が変わったら対面型や壁掛け型に変更するという方法もあります。

まとめ

壁掛け型は、一般的に広く使われているため設置費用が安いです。そのため、リフォームをする際に選ばれる事が多いと言われています。元々あった壁掛け型のキッチンと交換するだけなのも安くなる理由の一つです。

対面型は、壁掛け型よりも設置費用が高くなりますが、リビングの様子を確認しながら家事をこなせるため、壁掛け型の次に人気です。若い女性や主婦の方は、対面型に憧れを抱く方が多いようです。

アイランド型は、対面型とは異なり様々な角度から見えますが、特殊な形なので設置費用もお高めで、アイランド型に設置可能な換気扇なども高いものが多いです。独立型は、キッチンを個室にできるので一定数の方に人気があります。

この記事をシェアする