一戸建て物件とマンションのメリットとデメリットを調べてみた

マイホームは、一度購入すると頻繁に再度購入する事が難しくなる場合がほとんどです。そのため、一戸建て物件やマンションを購入する際に事前に知っておきたいのがメリットなど様々な情報かと思います。メリットなどをしっかりと理解した上で、どちらを購入するのか決めておく事をおすすめします。

一戸建てのメリットを知ろう

賃貸物件だと支払わなければいけない可能性が高い、管理費用や駐車場代などを払う必要がない事です。その他にも、いずれ物件自体に価値がなくなっても、土地を資産として所有する事ができる、マンションとは違いプライバシーの保護をしっかりと行えるなどのメリットがあります。

他にも自宅の改造ができる、近隣の騒音を気にする必要がないなどのメリットもあると言われています。一戸建てイコール家族向けというイメージがあるかもしれませんが、独身の方でも先ほど説明したメリットがあるため一戸建てに住んでみても良いかもしれません。

一戸建てのデメリットを教えて

立地の条件が良いとマンションを購入するよりも価格が高くなってしまう場合がある事や、自宅の修理・修繕が必要になった際は実費負担になってしまうというデメリットがあります。

その他にも、自ら防犯対策を行う必要があるというデメリットもあります。こちらは工夫次第で、あまりデメリットが気にならないかもしれません。

家賃を支払う必要がない分、自宅の修理やセキュリティ対策などにお金がかかってしまうため、一戸建てはやめようかなと思っている方もいるかもしれませんが、ある程度事前に貯金をしておくと、その都度、経済的負担が軽減されるため、一戸建てに住んでも安心かと思います。

一戸建てにはないマンションのメリットはこれ

立地の条件が良くても、一戸建てよりも安く購入できる可能性が高く、自宅の修理を行うタイミングが分かりやすい事です。それ以外にも、セキュリティ対策が一戸建てよりも安易で、何かあった際に近隣住民と助け合えます。

オートロックなどマンションならではの設備もあるため、セキュリティ対策がしっかりとされている事を重視したい場合はマンションの購入がおすすめです。

一戸建てとは違う!マンションのデメリットとは?

マンションのオーナーが定めた管理費用や駐車場の費用などを負担しなければならない事です。マンションの土地と建物を別々に売却する事が不可なため、年数が経てば経つほど売値が安くなってしまうという事もあります。

地域によって異なりますが、組合などに参加しなければならない場合もあるそうです。騒音を出さないようにする気遣いも、日頃から行わなければなりません。

まとめ

一戸建ては、賃貸物件を借りた際に発生する管理費用や駐車場代など支払う必要がないですが、年数が経過するにつれて劣化してくるため、修理を行わなければなりません。修理を行う際は、費用を準備する必要があるため経済的な負担が大きくなります。しかし、資産として土地を所有できたり、プライバシーがマンションよりも保護されたりもします。

一方マンションは、立地の良い一戸建てと比べて安く購入できたり、オートロックが導入できるためセキュリティ対策がしやすいです。しかし、管理費や駐車場の費用を負担したりする必要があります。土地のみの所有が不可なため、資産としては、価値が低くなってしまいます。

どちらを購入するか決める際に、この記事を参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする