一戸建て注文住宅を購入するメリット

自宅は、毎日生活して、人生の多くの時間を過ごす場所であるから、一番くつろげる好きな場所にしたいですよね。賃貸ではなく、持ち家であるならば尚更です。マンションのような集合住宅ではなく、一戸建てにスポットを当てました。家を購入するとき、予め完成していたり、間取りが決まっていたりする建売住宅よりも、注文住宅の購入の方が自由があります。この二つの違いやそれぞれのよいところ、悪いところを比較、検証しました。

注文住宅と建売住宅購入するならどちらがよい?

建売住宅が注文住宅よりもなぜやすいかというと、建売住宅は、何軒かまとめて建築されることが多いので、材木やコンクリートなどの材料が、一軒分だけではなくある程度まとまって使用するので、無駄がなく効率よく使えます。その為、コストを抑えられるのです。内装は、標準的な設備の住宅で、間取りなども決まっています。

一方、注文住宅は、間取りを考えるところから出来ます。もちろん設計士と相談しながらですが、ほとんど自分の好きなように間取りを作ることができます。玄関の位置や庭の位置、二階のベランダの位置や階段の位置など思うように出来るのが注文住宅のよい点です。

その分、注文住宅よりも費用は高くなります。選ぶ素材によっても価格は大きく違ってきます。洋服の既製品、オートクチュールよりもオーダーメイドの方が高くなるのと同じです。

完成した建売住宅が売りに出され、それを購入すると、出来上がった家に住むのですから、自分のこだわりなどを出すことは出来ませんが、例えば、未完成の状態の建売住宅を購入すると、間取りは決められていますが、壁紙の色やキッチンの色などが選べることもあります。それは、購入する時期にもよりますが、まだ内装が出来ておらず、業者に発注前だとしたら、選べることもあります。

建売住宅の場合、その区間がいっせいに売り出されるので、買うタイミングがそれぞれ違っていても、引っ越す時期は大体同じです。住民同士が古いも新しいもありません。なので、コミュニティー自体が新しいので、なじみ易いです。

しかし、建売住宅の場合は、新たに土地を購入してというのがほとんどなので、既に出来上がっているコミュニティーに入るケースが多いです。既に出来上がっているコミュニティーに入るのが苦手だという人も中にはいます。ただし新興住宅地であたらに土地を売り出している場合は別です。そこにいっせいに注文住宅の家が立ち並ぶので、その地域一体がみんな新参者なのでなじみやすいです。

終の棲家、細部にわたる部分にまでこだわりたい一戸建て

家のどこが好きというのは、人それぞれ違いはありますが、せっかく一戸建て住宅を購入するのでしたら、注文住宅にして、こだわる部分は、こだわりたいですよね。

土地の購入と、建築費用の大体の予算を決め、その予算内でおさまるように他は削ったとしても、ここにだけはお金をたっぷり費やしたいというこだわりは誰でもあると思います。

例えば、ワインが好きなので、地下にワインセラーを作り、常時温度管理できるようにして、ワインの保存のためにできるだけ最高の設備をつけたいという人もいるでしょう。ワインを保管しておく棚も必要でしょうし、冷蔵庫も空調設備も必要です。そのため、地下に電気系統を引かなければなりません。こういった設備は、図面をひくときから決めておいた方が、工事もやりやすいです。思いついてあとから足すのでは、追加工事をやらなければならない可能性もありますので、設計の段階から、こだわりは入れておいたほうがよいです。

図面を大きく変えないのであれば、あとからやっぱりこの設備はやめにしようというのは、出来ます。例えば、玄関を吹き抜けにしようと思ったけれど、やっぱり二階スペースを大きく使いたいので吹き抜けはやめにするということは、工事に入る前でしたら変更は出来ますが、土台を作って、梁をたててしまったら、なかなか難しいかもしれません。工務店によっては、すんなりやってくれるところもありますが、追加費用をとられるところもあります。いずれにせよ、図面を引く段階で、どのような家にするのかをはっきり決めておいた方がよいでしょう。

そのためには、実際に住宅展示場などに足を運んで、参考にしたい家をいくつか探しておくとよいでしょう。頭の中だけや、写真だけを見ても、実際に建てられたときに思っていたのと違うということになりかねません。そうならない為にも、モデルルームをいくつか回ってイメージを固めておいた方がよいでしょう。

完成が待ち遠しい、憧れのマイホーム、一戸建て

建売住宅のよいところは、購入してから入居までの期間が短いということです。家が建てられている途中か、建て終わってから販売することが多いので、その一戸建て住宅に決めてから、実際に引っ越すまでに期間が短くてすみます。

一戸建て住宅に引っ越す前に住んでいるところは、別の場所の持ち家か、マンション、もしくは賃貸物件です。賃貸物件の場合は、家賃が発生しますので、早く引っ越すことが出来たら、その分の家賃が掛からなくなるので、都合がよいです。持ち家の場合は、入居時期はあまり気にならない点ですが、例えばお子さんの新学期に合わせてや、夏休み、冬休みなどの長期休暇中に引越して、新学期から新しい学校などの予定がたてやすいのが利点です。

注文住宅の場合は、土地を手に入れてから、その土地にあわせて設計をして、そこから建築が始まるので、どうしても時間がかかってしまいます。時間に余裕のある場合でしたら、内装も外装もこだわれる注文住宅の方がよいですが、時間をできるだけ掛けたくないという人には、建売住宅の方をおススメします。

しかし、ここで気をつけなければならない点があります。それは、せっかく手に入れた一戸建てが欠陥住宅であった場合です。注文住宅の場合、使用する材料、工期など全て話し合って決めているので、よほどの悪徳業者でない限り起こりえません。悪徳業者であったならば、はじめから契約はしないでしょうし。

建売の場合、工期を急ぐあまり、手順がおろそかになったり、雨が続いて後期に間に合いそうになくて、コンクリートがよくかわかないまま次の工程に進んでしまったなどといったあってはならないことが起こりえる可能性がゼロではありません。

不動産は早い者勝ちなので、早く契約をしないとよい物件は、他の人に取られてしまうので、建てられる前に契約をというのも分からなくもありませんが、やはり、自分の目で見て、実際に生活することを念頭に入れた内覧を行いたいものですね。

まとめ

一戸建て注文住宅を購入するのは、予め建てられている建売住宅よりも、外観や内装を自分の好みに出来るというメリットのほかに、欠陥住宅の被害にあいにくいというメリットがあります。

そのため、建築費用が建売住宅よりもかかってしまいますし、同じような家になるのならば、圧倒的に一軒だけ建てる方が高くなります。また土地を手に入れてから実際に住むまでの期間が長いというデメリットもあります。

このメリットデメリットを検討して、自分に合った建て方をするのが、一番よいでしょう。