一戸建てを買うなら注文が良い?メリットとデメリットを解説

夢のマイホームと言うように、一戸建てを建てることは多くの人にとって大きな夢の実現であると同時に、絶対に失敗したくない買い物です。

しかしそもそも一戸建てなのかマンションなのか、オーダーメイドでこだわりぬいた家にするのか、それとも予算内で収まる可能性の高い分譲住宅にするのか。

納得できるマイホームを手に入れるには、考えることが多い上に重大で大きな決断をたくさんしなければなりません。何となくオーダーで建てた方が良いと思っている人も、メリットとデメリットを知った上で、本当に自分の求めるマイホームが買えるかをよく考えてみましょう。

注文住宅でもフルオーダーとは限らない

注文住宅には完全にフルオーダーで建てる場合と、セミオーダーで建てる場合の2つの方法があります。間取りや建築工法はもとより、木材の種類や外壁、断熱材、内装設備に至るまで全てを施主が決めるのがフルオーダータイプの住宅です。

この場合、理想の家をゼロから作り上げることができるため、完全に自分だけ、世界に1軒しかない家を建てることができます。家族が生活する家は、自分の手で自分の思う外観や間取りを実現したいという、こだわりを形にしたい人にとっては理想的な建て方です。

それぞれの家族によって、生活しやすい住環境や家の構造、使いやすい間取りは異なります。2階建、3階建を希望する家族もいれば、平屋を希望する人もいるでしょう。これらは分譲住宅や建売住宅では必ずしも叶えられない面が多いのも事実です。

さらに住宅は建てて終わりではなく、日々生活しながら手入れやメンテナンスを続けていかなければ、どんどん傷んでいきます。また人が住んで生活を続けていくことで、どんどん表情が変わっていきます。

この住むほどに味わいが出て、家族が大切に生活することで円熟味が増すことに魅力を見出す人にとっては、長年かけて自分たちだけのオリジナルな住宅を手にできるというメリットがあります。

しかしハウスメーカーや住宅会社で、いわゆる「注文住宅」と言う場合は、フルオーダーではなくセミオーダーでの方法を指すのが一般的です。「○○シリーズ」のように、ある程度の規格が決まった住宅をベースに、間取りや外壁の色、キッチンや浴室などの住宅設備を決めていきます。予算や希望に応じて設備のグレードアップやグレードダウンも可能で、決められた範囲内で自由にカスタマイズできるのがメリットです。

フルオーダーで建てる場合は、施主側にも相当な建築知識が必要で、さらに細部に至るまで細かな打ち合わせが必要になります。また大量に仕入れられる建材や設備とは違い、オーダーメイドに近い材料が必要になることから、建築期間も長く予算も多く必要になります。

そのためハウスメーカーや住宅会社ではフルオーダーでの建築を請け負っていない会社も多くあります。フルオーダーで住宅を購入したい場合には、まず請け負っている業者や会社を探す必要があります。

注文住宅で建てるメリットは?

マイホームを購入する際は、まず注文で建てるか建売や分譲で購入するかを決めます。土地の有無や予算の都合などもありますが、まずはメリットを知っておきましょう。

建売住宅の場合は、既に完成しているものの中から、間取りや外観などの好みを見て購入しますが、注文住宅は自分の好みやこだわりを反映できる自由度の高さがメリットです。細かくオーダーしていくことで、間取りや外観にも自分の好みを取り入れることができ、他の家とかぶることの無いオリジナルなものにできます。

また建売住宅と違い、建築現場や建築プロセスを見ることができるのも大きなポイントです。施工会社としては、施主の目が良い意味でプレッシャーとなることで仕事のクオリティに差が出るとも言われ、現実に購入者が施工現場をチェックすることのない建売住宅の現場では、工期の短期化、コストカットの目的で手抜き工事がされることもあります。

建売住宅と比較して費用が高額になりやすいイメージもありますが、予算の調整がしやすいという利点もあります。こだわりたい部分には重点的に予算を充て、こだわりの低い部分は一般的な仕様やクオリティに留めておくことで、むやみに予算オーバーするのを防ぐことも可能です。

注文住宅にするデメリットも知っておこう

自分の希望を形にできるなどたくさんのメリットがある一方で、注文住宅にはデメリットもあるので、きちんと踏まえた上で検討しましょう。前提として、完成までに時間がかかるため、すぐには入居ができないという点が挙げられます。

土地付きで販売される分譲住宅や建売住宅とは違い、土地も自分で用意する必要があります。受け継いだ土地がある場合には比較的スムーズですが、土地を新規で購入する場合などは住宅ローン申請も煩雑になる他、ある程度自己資金を用意する必要があります。

完成図をイメージしにくいのもデメリットと言えるでしょう。自分の思いやこだわりを詰めこんだ住宅も、数か月待って完成してみないと、本当に思い通りの外観や生活が実現できるものになっているかどうか判断ができません。

また要望を実現しやすい反面、当初の予算をオーバーしがちなので、本当に譲れない部分を家族で話し合い整理しておくことが重要です。優先順位がはっきりしていないと、設備や建材など良いものを目にするとどうしても取り入れたくなるものです。

また、こだわりすぎるとどんどん費用がかかるため、こだわる点と抑える部分のメリハリをつけ、自分のお気に入りのポイントを作るようにします。最終的には地盤改良や登記にかかる費用、上下水道の引き込み費用など、当初予算より上回るケースが多いので、予め余裕を持った資金計画をするようにします。

特徴を知って注文住宅が向いているか見極めよう

「家を建てるなら注文がいい」「外壁や外観はこんなイメージで」と住宅に求めるこだわりはひとそれぞれです。家を購入するに当り、どんな方法で建てるべきか迷ったら、まずは住宅情報誌やモデルルーム見学をしてみると良いでしょう。様々なタイプの住宅があることがわかると共に、相場感もわかるため自分が本当に求めている住宅がわかります。

知識がつき情報を得ることで、希望の一戸建てを建てるには必ずしもフルオーダーやセミオーダーでなくても実現できることがわかります。また家は購入した後もメンテナンスをしながら長く住む場所になりますが、実際にどれくらいの期間住む予定かもざっくりと考えておくべきでしょう。

自分たち世代が住むためだけなのであれば、後世に継ぐほどの資産価値のある住宅でなくても良いかもしれません。また好みや生活スタイルは時代や年齢と共に変わります。今は完璧な家だと思っていても、本当に何十年と生活し健康状態が変わったり、親の介護が始まったりする可能性も、検討し、計画に若干の余白を残しておくことも大切です。

さらに仮にフルオーダーで建てたとしても、100%完璧な家が手に入るとは限らないことも現実として知っておくべきです。それぞれの特徴を知り、本当に自分に合うものを見極めるための知識を得ることが大切です。

まとめ

ほとんどの人は一戸建て購入のために、住宅ローンを組みます。マイホームという夢を叶えるため、夫婦共働きで一生懸命貯金をし、節約をしながらお金を貯める家庭も多いでしょう。

絶対に失敗したくない買い物であり、建ててしまってからではどんなに後悔してもやり直しはできませんし、補修や改築をすればそれだけ余分な費用がかかります。

注文住宅は、夢に見ていた家を実現できる反面、完成までに数か月かかり、建築士や営業マンとの打ち合わせも何度も行うため時間とお金が必要です。

一方建売や分譲住宅は完成している物件を購入するため、自分の好みや希望は基本的に一切反映されません。それでも時間的に余裕の無い人や土地を持っていない人には、おすすめの購入方法です。

もし何とな注文がいいと考えているなら、それぞれのメリットとデメリットを知り、自分に合った方法をまずは検討してみましょう。