介護が必要なシニアが住む一戸建てのメリットとデメリット

高齢になるにつれ、長年住んだ土地や家から離れたくないと考える人は多いです。介護が必要になった時に、金銭に余裕があれば、介護しやすい一戸建てに建て替える人もいると思います。二世帯で住むように改築する一家も少なくありません。マンションより一戸建てのほうがよいと考えるシニアは多いです。介護が必要なシニアが、リフォームをしてでも一戸建て住宅に住むメリットをまとめました。

一戸建てと集合住宅どちらが住みやすい

年々年を重ねるにつれ、新たな環境に適応することが難しくなってきます。長い間習慣としていたことをいきなり変えるのは、若いうちは適応力も高く、順応性がありますが、年をとると、適応能力が低くなってきます。

なので、長い間住みなれば場所から、移動することは、あまりおすすめできません。ある程度年齢を重ねたら、シニア世代になる前に老後のことを考えた改築、リフォーム、移住を考えた方がよいでしょう。

一戸建て住宅と、集合住宅は、シニア世代にとって、どちらが住み易いのでしょうか。老後の面倒を見てくれる身内がいる場合は別ですが、シニアの一人暮らしとなると広い一軒家に一人で住むよりも、高齢者専用のマンションに住みたいという人が増えています。

高齢者専用マンションは、介護施設ではなく、介護や医療のサービスを受けることが出来る高齢者限定マンションです。購入の仕方は、普通の分譲マンションと同じです。ただ、普通のマンションと違うところは、管理会社が医療や介護サービスを提供しているということろです。なので、管理費が普通のマンションと比べて割高になっています。

また、オートロック付きのマンションの方が、防犯面でしっかりしているので、マンションの方がよいという人もいます。お年寄りの一人暮らしだと、空き巣や強盗の被害に遭う確立は、家族が多く住む家に比べると高いです。なので、出入りが厳しいマンションの方が安心して住めるというお年よりも多いです。

一方、一戸建て住宅派は、玄関を出るとすぐ外なので、外出するときが大変ではない、リフォームしやすい、二世帯住宅に改造しやすいなどの点を上げる人が多いです。

長い間住み続ければ、愛着もありますし、ご近所に友達もいるので、なかなか転居しようという気にはなれないかもしれません。となると、今住んでいる家をどの様にリフォームすれば、シニア世代が生活しやすくなるのかを考えた方がよいでしょう。

介護しやすい一戸建て住宅ってどんな間取りなの

介護が必要なシニアにとって、一番必要なのがバリアフリーの住宅です。ほんの少しの段差でもあるとつまずくことがありますし、車椅子生活であれば、段差がない方が介護する側にとってもありがたいです。

玄関から入って、廊下、リビング、キッチン、トイレ、バスルーム、寝室に至るまで前面フラットな床であれば、車椅子ならば自由に行き来できますし、車椅子が必要のないシニアにとっても、ちょっとした段差が転んだり足を捻ったりというトラブルの原因となるので、段差はない方がよいです。もし、誰かが支えなければならないときも同様です。

このことからリフォームをする時に第一に考えるのは、バリアフリーであることだと言えます。また、車椅子で移動することを考えて、トイレやバスルームの入り口の幅を広げた方がよいです。狭ければ、入り口から誰かが抱えて入らなければならないので、どのスペースでも車椅子が自由に行き来できるようにしておいたほうがよいでしょう。

手すりが取り付けられるようなつくりがあれば尚よいです。移動の際につかまりながら歩くことが出来ますし、お風呂やトイレに手すりがあれば、転倒防止にもなります。

こういった大規模な改造は、一戸建てならではできるものです。マンションなどの集合住宅でも出来なくはないでしょうが、他の世帯も住んでいるので、工事する前に管理会社に許可を取ったり、階下や隣家に配慮した工事工程にしなければならなかったりしなければなりません。一戸建てでも隣近所に気を遣いますが、内装だけであるのならば、それ程音が出るものでもありません。

また、2階建てを1階を親世帯の住居にして、2階部分を子供世帯の住居にする二世帯住宅に改造しやすいのも一戸建てならではです。マンションの場合は、水周りの場所を自由に変えられないので、トイレとキッチンを各世帯にひとつずつというようなことは出来ません。年代が違う世帯が同供するときには、せめて、トイレとキッチンくらいは別にしておいた方が、後々余計なストレスが溜まらないというメリットがあります。

老後に備えて一戸建てを改築!必要な設備とは

シニア世代になる前に、一戸建て住宅を老後に備えた改築をしようと考えたときに、どのようにリフォームすればよいでしょうか。先ほど述べたように、床をバリアフリーにしたり、手すりをつけること以外にはどのようなことが望ましいでしょうか。

ドアは、引き戸にした方がよいです。ドアは押して開ける方は簡単ですが、引いてあけるほうは、なかなか難しいです。車椅子であれば、取っ手を下ろしてドアが開くようにしてから、手前に引いて車椅子が通れるだけのスペース分ドアが開くように下がらなければなりません。取っ手にヒモをつけていれば、遠くからでも引っ張れば開くことができますが、取っ手をおろすという作業は必要になります。引き戸でしたら、この心配がなく、ドアの中側からでも、外側からでも、横にスライドさせれば開くので簡単です。

介護する側が一番負担になるのは、トイレの介添えです。お風呂は1日1回くらいなので、重労働でもなんとかなりますが、トイレの回数は、予測できません。日によっても、体調によっても違います。介護する方もされる方も、トイレの場所が遠い、トイレが狭い、トイレのドアが内開きなどだと大変です。トイレの入り口は出来るだけ広く、両側に手すりをつけることは必須です。また、扉は横開きでないと、万が一トイレ内で転倒してしまって、一人では起き上がれないとなると、内開きのドアだと、ドアを開けることも出来ません。外開きのドアだと、何かの拍子にトイレのドアを何かが塞いでしまったら、トイレから出ることが出来ません。

玄関のドアも引き戸にすると、出入りの間、誰かがドアを抑えておく必要がないので、便利です。玄関にスロープがつけられれば、段差を上り下りしなくてすみますが、玄関の広さ的に傾斜分スペースが確保できない場合もあります。そんな時は、段差解消機を使うと玄関からスムーズに出入りすることが出来ます。

介護される方は、介護する人の負担になるべくなりたくないと思うものですから、なるべく一人で生活できて、出来ないところを介護人に補ってもらうという生活が出来ればベストです。家がそんな生活のお手伝いを出来たら理想ですね。

まとめ

介護が必要なシニア世代が住む一戸建ては、必要に応じてリフォームしやすいというメリットがあります。できるだけ環境を変えずに、介護も一から十まで手を貸してあげるのではなく、症状にあわせて、人がサポートすることが出来るような家造りが出来れば理想です。

長年住む愛着のある家を手放さないで、今の状況に適した家に作り変えることが介護する側にとってもされる側にとってもメリットがあります。それが出来たら、住む人にとってこんなに嬉しいことはありません。