夢の一戸建て購入!せっかくなら新築を!

家の購入を考え始める多くの人は新築の家を立てることに憧れを抱きます。新築の一戸建てとなると誰も住んだことのなく、周りからも独立した空間ですね。完全に自分たちだけの家ということになりますから、手に入れた時の満足感はひとしおでしょう。税金の補助やローンでの優遇を受けることもできますから、お得感のある買い物もできるかもしれません。しかし新しい家を購入するには大きな負担を背負うことにもなります。リスクがあることもしっかり理解した上で賢い買い物をしましょう。

 

新築はみんなの憧れ!だからこそ慎重に!

一戸建てを建てることを考える方々の多くは住居や家族との生活に強い理想を持っているのではないでしょうか。家族が集う明るいリビング、広く清潔なキッチン、庭でのガーデニング、週末にはバーベキュー…だからこそ建てた後にイメージと異なるところがあればダメージも大きくなります。

新築を購入する際には基本的に建つ前の家を選ぶことになりますから、間取りに注文を言える反面、家の素人である自分たちの意見が通ってしまうというデメリットがあります。お洒落な家に傾倒し過ぎれば、生活がしにくくなるということもありますから最低限注意しておくべきことは知っておきましょう。

まず最も大切なことはコンセントの位置をよく考えて決めることです。現在所有している家電は何か、生活動線はどうなるのかしっかり話し合った上で決めてください。テレビがコンセントの関係で理想の場所に置けなくて、考えていた部屋割りができなくなったなんてなると落ち込みますよね。

また、収納スペースの位置や面積も慎重に考える必要があります。物の量と使用頻度を考え、何をどこにしまうかまでしっかり想定した上で決めましょう。なるべく一箇所にまとめるほうが効率的な生活ができます。理想の生活も大切ですが家で最も大切なのは利便性です。しっかり家族で話し合ってシミュレーションをした上で注文をつけていきましょう。

 

新築だから出来ること

家を建てるとなれば、皆さんもちろん自分たちで自由に生活動線を考えて、間取りを決めていくことに憧れを抱くのではないでしょうか。中でもキッチンを自分好みにレイアウトできるのは生活を豊かにできることでしょう。コンロひとつ取ってもガス派なのか、IH派なのかで分かれますし、そもそものキッチンの形も選べるというのは大きいでしょう。

毎日使うことになる場所が自分好みの心地よく使えるものになれば生活は大きく向上しますよね。また、素材に何を使うかも考えられるのもいいでしょう。使っていけば家は当然劣化しますし、カビも生えます。毎日のお手入れが必要になりますが忙しい中で手が回らないこともあるかもしれませんよね。

そんな時シンクが汚れの落ちやすいコーティングをされた素材だったらどうでしょう。床や壁が傷のつきにくい素材だったら?手入れの頻度や手間を軽減できれば簡単に家の状態をよく保つことができて嬉しいですね。全てをいいものにすればお金がかかってしょうがないかもしれません。

しかし自分たち家族が生活の何を一番重視しているか、どの家事に一番手を取られているか考えた上で局所的にお金をかけることができる、それが新築を建てることの最大のメリットではないでしょうか。

 

憧れの新築実現にはリスクが伴う!?

まず知っておいて欲しいことがひとつ。あなたが入居した瞬間、家は中古物件になるということです。1度でも人が入居すれば新築という冠は無くなってしまうのです。すると何が起こるか。その瞬間資産価値がガクッと下がるのです。家というのはやはり誰も住んだことのない状態が最も価値高い価格を持つものなのです。

新築を購入するということは必然資産運用の上で損をするということになります。日々家の価値は下がり続けることになりますからね。そうすると何かがあって家を売らなければならなくなっても、売値でローンを返済できない可能性が出てきます。家はもう自分のものでないのに、ローンは払い続けなくてはいけない。

そんな状況は本当に辛いですよね。頭金をしっかり用意する、ローンの返済期間を短く設けて金利を軽くするなど、短期間で完済できるような対策をしてなるべくリスクを負うことにならないようにしましょう。大いなる理想の実現には大いなる対価と負担が必要になるのです。

 

まとめ

自由度が高いからこそ失敗する可能性もある。建築のプロでもない限り、家の作りには見落としが必ずあります。注文する際には生活動線をしっかり家族と話し合い、業者に注文する際にも利便性の面でアドバイスを請うようにしましょう。

殆どの場合何かあっても売りに出すべきでない家を買うことになりますから、一生その家と向き合っていく必要があります。家を立てるなら失敗は絶対許されないと考えて、熟考に熟考を重ねた上で注文をしましょう。